初冬の越後紀行 1 福島潟の水鳥など

DSCF5452.JPG

DSCF5460.JPG

DSCF7818.JPG

DSCF7819.JPG

DSCF5482.JPG

DSCF5501.JPG

DSCF7757.JPG

DSCF7781.JPG

DSCF7829.JPG

DSCF7852.JPG

DSCF7928.JPG

DSCF7948.JPG

DSCF7939.JPG

 昨年12月13、14日と新潟の福島潟や瓢湖などに行き、カモや白鳥など冬の水鳥などを見てきました。まずは、福島潟の様子です。天気は雨が降ったり止んだり、雪が混じるという状況でした。
 ノイバラの実のほんのわずかな紅実にぬくもりを感じたり、杭の上にじっと動かないカワウのさまや、カモ、白鳥のさまを見てきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

イッシー
2021年01月04日 07:21
今はもう真っ白な世界なんでしょうね~。
鳥さん狙いに行かれましたか。
雨の中の赤い実の写真もいい風情ですね。
長さん
2021年01月04日 09:43
日が差していないせいか寒々しい風景ですね。沈んだ色の中に赤い実があったり、白い鳥がいたりすると、何故かホッとするようです。
なおさん
2021年01月04日 18:52
 イッシーさん、コメントありがとうございます。もう平野部でも真っ白なのでしょうねえ。
 普段はまず撮らない飛びモノに無謀にも挑戦してみました。結果は追々見ていただきます。
なおさん
2021年01月04日 18:58
 長さん、コメントありがとうございます。この時は横殴りのみぞれや雪が吹きつけている、という状況でしたので、ホントに寒々しいのです。関東南部にいると、冬は晴れるものという認識ですが、新潟の風土を感じるのも経験ですねえ。
うふふ
2021年01月04日 22:59
日本海側の冬はちょっと暗い感じですね。
主人の転勤で富山に住んでいた頃のことを思い出しました。
昔は11月末から3月はじめ頃まで雪に閉じ込められましたよ。
雪のない今、水鳥たちがのんびりと暮らしている様子はとても平和そうです。

なおさん
2021年01月05日 03:12
 うふふさん、コメントありがとうございます。富山で暮らしたことがおありですか。半年近く陰鬱なお天気が多いというのも、タイヘンなことでしょう。
 もう新潟も真っ白なのでしょうねえ。
🅂子
2021年01月06日 18:16
今年も暮れからお出かけになったのですね。
ゆっくり楽しませて戴こうと楽しみにしております。
今頃は、銀世界でしょうかと想像しながら拝見しています。
ミキ
2021年01月06日 22:35
 水鳥を観に・・・。
そういう発想がなかったので驚きました。
冷たい雨しずくをつけたノイバラノ実
ごく自然の姿でいいですねぇ。
大きな景のなかにカモや白鳥の憩う姿が
とてもいいです。
そして白鳥の舞う姿、雨模様ならではの景色、
素晴らしい写真でした。(^^♪
なおさん
2021年01月07日 05:00
 🅂子さん、コメントありがとうございます。12月半ばの様子ですが、もう平野も真っ白くなっていることでしょうねえ。

なおさん
2021年01月07日 20:58
 ミキさん、コメントありがとうございます。僕も普段は鳥の撮影などはしないのですが、たまにはよいものですね。