山形 秋の小国にて 7 梅花皮荘周辺のさま

DSCF2329.JPG

DSCF2328.JPG

 小国の撮影ツアーでは宿はいつも梅花皮荘(かいらぎそう)なのですが、宿の周辺も自然豊かでいろいろ見ることが出来ます。

DSCF2008.JPG

DSCF1990.JPG

DSCF2034.JPG

DSCF2005.JPG

DSCF1955.JPG

DSCF1967.JPG

DSCF2023.JPG

DSCF1964.JPG

DSCF1961.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

信徳
2019年11月16日 07:03
紅葉が真っ赤で自然環境が良い所にある
宿なんですね。
周りの山々も良く紅葉しています。
このあと天気は晴れたんでしょうか?
イッシー
2019年11月16日 08:00
真っ赤な紅葉がみられるんですね~。やっぱり冷え込み厳しいんだろうな~。
長さん
2019年11月16日 09:54
モミジが真っ赤で綺麗ですね。
刀剣の柄に巻くエイの皮を梅花皮と言うんですってね。それに似ている焼き物のことも梅花皮と言うとか。初めて知りました。
無門
2019年11月16日 18:16
こんにちは

自然の山河
あるが儘が美しい
今ではそれも
贅沢になりましたね
shuuter
2019年11月16日 20:26
朝晩の冷え込みがきついのでしょうね。
モミジの赤色が際立っています。
表面の凹凸も格別です。
自然の美しさ すごいです。
うふふ
2019年11月16日 22:35
真っ赤なカエデが美しいですね。
山々もいろいろな色に染まっているのでしょう。
栃の実そばの旗が気になります(笑)
ミキ
2019年11月16日 23:06
 こうして見せてもらうと、景色もいいですねぇ。
真っ赤な紅葉や漆も素敵ですが、濃淡入り混じる
今回の写真の紅葉くらいが、いろいろな色があり
面白いですね。
雨に濡れた赤い葉も美しいです。(^^♪
なおさん
2019年11月17日 06:35
 イッシーさん、コメントありがとうございます。この時期はさほどでもありませんでしたが、今はもう11月半ばですので、未明から早朝はかなり冷え込むようになっているでしょうねえ。
なおさん
2019年11月17日 06:39
 長さん、コメントありがとうございます。梅花皮をかいらぎとは、普通のひとでは読めませんよねえ。
 僕も小国に行くことになってから、調べました。刀の束やら井戸の茶碗なども趣味の世界ですから、なかなか目に擦る機会もありませんね。
なおさん
2019年11月17日 06:42
 無門さん、コメントありがとうございます。そうですねえ。自ずから然り、という摂理を実感できるのは良いですね。
なおさん
2019年11月17日 06:46
 shuuterさん、コメントありがとうございます。山形とはいえ、新潟に近いところですが、やはり東北ですので冷え込むのでしょう。
 モミジの葉が凹凸のように見えるのは、水滴がついているからですねえ。
なおさん
2019年11月17日 06:51
 うふふさん、コメントありがとうございます。カエデの彩りも艶やかで美しい色あいになりました。

 さすが、麺喰いのうふふさん、栃の実蕎麦の幟は見逃しませんねえ。此処のお蕎麦はざる蕎麦も、暖かい山菜蕎麦も食べましたが美味しいですねえ。蕎麦に栃の実を練り込むのも良いですね。
なおさん
2019年11月17日 06:56
 ミキさん、コメントありがとうございます。まだこれから本格的に色付こうか、という頃の樹々の雰囲気も良いですよね。
 しっとり濡れた紅葉のさまも美しいですよね。
なおさん
2019年11月17日 07:01
 信徳さん、コメントありがとうございます。コメントが後になってオソレいります。
 此処はまわりが山と川に囲まれて自然豊かなところですね。
 このあとは天気はやや曇りがちながら、時折晴れ間ものぞく、という天気でした。