国営武蔵丘陵森林公園にて ナンバンギセルの花

 「道の辺の尾花が下の思ひ草今さらになどものか思はむ」(万葉集 巻10 2270)  万葉のいにしえには、思ひ草と呼ばれていたナンバンギセルの花です。南蛮渡来の煙管を連想させる形からこの名がついたものですが、俯いてもの思いに耽るような風情の花は良いものです。

続きを読む