神代植物公園にて ナベナの花

DSCF1746.JPG

DSCF1748.JPG

 植物多様性センターで見た、ナベナの花です。お菓子のホームラン王??のような名前ですが、マツムシソウの仲間です。マツムシソウよりもずっと小ぶりでおとなしい花ですが、良く見るとなかなか面白いものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • 信徳

    お早うございます!
    ナベナの花、初見です。
    マツムシソウの親戚との事ですがマツムシソウ、軽井沢植物園から種を貰って
    蒔いたのですが(二年草)、二年経っても花が咲きません。
    親戚のこの花も二年草でしょうね。
    「ナバナの里」って聞いた事ありますが「ナベナの花」は初めてです(笑)。
    2019年09月02日 06:44
  • イッシー

    お菓子のホームラン王!笑っちゃいました!
    すみません本題と違って。。わかる人はそれなりの年代でしょう。。
    目立たない花ですが大きくしてみると可愛いですね。
    2019年09月02日 07:22
  • emi

    おはようございます
    名前も姿も はじめてのお花です
    小さいお花の集まりで形成されているのですね
    濃い紫の蕊が アクセントになって
    可愛いお花ですね
    また 一つ物知りになりました
    2019年09月02日 08:46
  • 目黒のおじいちゃん

    なおさん、初見の花です。
    風情が良いですね。
    花屋さんにはイイデリンドウの花が御目見得しています。
    ”秋よ早く来い”ですね
    2019年09月02日 09:08
  • 長さん

    ナベナ、初めて知りました。マツムシソウの仲間には見えませんね。
    鍋菜と書くのでしょうか。小さな棘があるようだし、食用には向きそうもないですね。
    2019年09月02日 10:59
  • 無門

    こんにちは

    鍋菜だそうですが
    語源は何なんだろうか
    面白い名前だね
    2019年09月02日 16:23
  • はるる

    ナベナという花なんですか。
    おもしろい花ですね。
    小さい花なんですね。
    これは実もなるんですか。
    2019年09月02日 18:28
  • shuuter

    ナベナ 初めて聞く名前です。
    マツムシソウのなかまですか、マツムシソウも植物園で見ただけです。
    面白い名前ですので覚えておきます。
    2019年09月02日 20:39
  • うふふ

    アハハ・・・ナボナですね。
    なつかしいなぁ。
    まだ売っていますか?
    あっ、いけない。ナベナでしたね。
    初めて見ました。
    マツムシソウの仲間でしたか。
    もう一度、上に戻って見てきますね。
    2019年09月02日 22:23
  • なおさん

     信徳さん、コメントありがとうございます。マツムシソウはまあ、さほど珍しいものではないですが、ナベナの方はあまり見る機会がありませんね。
     マツムシソウの花が咲きませんか。花茎が立つほど株が充実しないといけないので、必ずしも2年経てば咲くというわけでもないのでしょう。

     なばなの里は行ったことはないのですが、イルミで有名ですね。
    2019年09月03日 05:38
  • なおさん

     イッシーさん、コメントありがとうございます。「あまちゃん」の花巻さんのセリフではないのですが、分かる奴だけ分かればいい、ということですよねえ。
    2019年09月03日 05:43
  • なおさん

     emiさん、コメントありがとうございます。マツムシソウは有名ですが、ナベナは地味なものですので、知名度は低いですね。
     良く見るとなかなか可愛らしいです。
    2019年09月03日 05:45
  • なおさん

     目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。初めてご覧になりましたか。
     イイデリンドウは飯豊山の希少種ですので、花屋に出るということはまずない、と思うのですが、ホンモノでしたらイイデすねえ。切り花として生産されるのは、オヤマリンドウやらエゾリンドウなどを改良した園芸種などが多いようですね。
    2019年09月03日 05:48
  • なおさん

     長さん、コメントありがとうございます。この仲間にはラシャカキソウなど面白いものがいろいろありますね。まあ、山菜には向かなさそうな草ですよねえ。
     
    2019年09月03日 05:51
  • なおさん

     無門さん、コメントありがとうございます。語源を調べるのはあれこれ興味深いことですよね。鍋なのかどうなのか、まだ調べていないのです。
    2019年09月03日 05:53
  • なおさん

     はるるさん、コメントありがとうございます。小さいものながら花も咲きますし、実も出来るものですよね。
    2019年09月03日 05:54
  • なおさん

     shuuterさん、コメントありがとうございます。僕も今回初めて見ました。山ではまだ見たことがないのですが、あっっとして見つかるかどうかわからない地味さですよね。
    2019年09月03日 05:55
  • なおさん

     うふふさん、コメントありがとうございます。ナベナは植物のホームラン王です、というにはあまりにも地味な花ですよねえ。ナボナはまだ売られていると思います。CMも懐かしいですよねえ。
    2019年09月03日 05:57
  • すみれ

     友人に長野へ連れていって頂いた時、ナベナを見たいと言ったら自生地を案内して頂けました。思い出深い花です。
     案内せよと言われても私には案内出来ませんが。

     なおさんにナベナの花後の画像を見せて頂いたのは何年前だったでしょうか。印象的でした。

     植物多様性センターにナベナがある事を気付きませんでした。
    2019年09月04日 08:06
  • なおさん

     すみれさん、コメントありがとうございます。長野でナベナをご覧になりましたか。マツムシソウならともかく、ナベナの自生地を把握している、というのはなかなか出来ないことでしょうから、只者ではないですよねえ。
     ナベナの花後の画像を出したことがありましたっけ?というくらい痴呆?が進んでおりますので、思い出せませんねえ。ラシャカキソウなら出したかも、という感じです。
    2019年09月04日 19:24