神代植物公園にて カノツメソウの花

DSCF1784.JPG

DSCF1786.JPG

DSCF1785.JPG

 植物多様性センターで見た、セリ科のカノツメソウの花です。清楚な小ぶりの花が可愛らしいです。漢字では鹿の爪草ということで、根の形を鹿の爪になぞらえた、ということですが、掘ってみないとわからないものですし、鹿の爪も身近にいないとなかなかしげしげ見る機会もなく、どうしてこの名を思いついたのか??と鹿爪らしく?考察してみるのも面白いかもしれません。

 3枚目は、カノツメソウの葉の様子です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

emi
2019年09月03日 05:29
おはようございます
今日も 珍しいお花ですね
セリ科のお花は よく似たお花があって
なかなか覚えられません
でも小さいお花が 花火の様な形を作り
可愛いですよね


目黒のおじいちゃん
2019年09月03日 06:31
なおさん、おはようございます。
命名者は時として思いつきでで付けるようですね。
イッシー
2019年09月03日 07:34
鹿の爪ですか!そんなに大きくないので。。
蚊の爪(そんなの無いか・笑)ぐらいにしとけばいいのに。。
本来の意味の堅苦しいっていうのもなんか違う気が・・・
信徳
2019年09月03日 08:34
セリ科の植物は花が線香花火の様で可愛いです。
山に有るので別名岳セリとか。
セリ科の植物は毒草もおおいのでこの植物はどうなんでしょう?
根を見ないと鹿の爪が出て来ないとは大変ですね。
長さん
2019年09月03日 11:32
カノツメソウとは珍しい植物をご覧になりましたね。
鹿の爪に似ているなんて誰が言い出したんですかねー。昔の人は想像力が豊かというか、飛躍しすぎるというか(笑)。
うふふ
2019年09月03日 14:19
セリ科のお花は似ているものが多いですね。
でもカノツメソウはお初です。
鹿の爪ってどんなでしたっけ。
動物園で見て来なくては~。
S子
2019年09月03日 16:39
セリあ科のお花??そう言えば昔、田舎の田圃一面にに咲いてたお花。
今頃の季節だったかも知れません。綺麗だなあって眺めていた記憶が有ります。
鹿の爪~名前の由来考えるのも面白いかもですね。
pero
2019年09月03日 17:15
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
なおさん
2019年09月04日 05:33
 emiさん、コメントありがとうございます。これはかなりこじんまりとした可憐な花です。
 山で見るセリの仲間は似たようなのが多く。覚えるのもタイヘンですよね。
なおさん
2019年09月04日 05:35
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。パッと見た目の印象で名前をつけるのが多いかと思うのですが、掘らないと見られない根の形を名にするとは、面白いですね。
なおさん
2019年09月04日 05:39
 イッシーさん、コメントありがとうございます。蚊にも足があるので、爪もあるかも知れませんが、肉眼では見えそうにないですよねえ。
 堅苦しい、まじめくさっているというのを鹿爪というのも面白いですよねえ。
なおさん
2019年09月04日 05:41
 信徳さん、コメントありがとうございます。シシウドのように草原でもひときわ存在感のある花なら目立ちますが、カノツメソウは地味でおとなしい花ですね。
 ドクゼリはかなりの毒のようですが、カノツメソウは毒ということもなさそうですね。
なおさん
2019年09月04日 05:43
 長さん、コメントありがとうございます。なかなかカノツメソウは見る機会がありませんで、此処で初めて見ました。

 命名者はかなり発想がぶっ飛んだ?ひとも多いようで、奇抜な名前のものもありますよねえ。
なおさん
2019年09月04日 05:45
 うふふさん、コメントありがとうございます。セリの仲間は花火が広がったような形のものがいろいろありますね。

 奈良市のひとなら鹿もおなじみなのでしょうが、なかなか普段見る機会がないですよねえ。
なおさん
2019年09月04日 05:47
 S子さん、コメントありがとうございます。春の七草のセリは夏ごろの花で、田圃に咲いていたりすることもありますね。

 植物の名前もいろいろ調べるのも楽しいですね。
なおさん
2019年09月04日 05:48
 peroさん、ナイスコメントありがとうございます。
shuuter
2019年09月04日 20:21
カノツメソウ 初めてです。
セリ科の花は似酔っているので むつかしいです。
なおさん
2019年09月05日 05:24
shuuterさん、コメントありがとうございます。カノツメソウはなかなか見る機会がないですよね。
 似た花が多いと、覚えるのもタイヘンですね。