信州桜紀行 北小倉の枝垂桜など

 次に向かったのは、安曇野市三郷北小倉の枝垂桜です。此処の枝垂桜は、樹霊が宿るかのような見事な古木で、推定樹齢350年とも400年とも言われているものです。

画像


画像


画像


画像


画像





 桜にばかり目がいきがちですが、道端の土手の法面にも、いろいろな花が咲いています。

画像


 ヤマエンゴサクとレンプクソウが仲良く咲いています。

画像


画像


画像


 清楚なアズマイチゲも咲いています。

画像


 フキノトウも可愛らしい姿です。

この記事へのコメント

2019年05月01日 07:17
ほんとにいい時期ですね~。
桜の木も今が盛りと咲いています。
アズマイチゲがひらひらと風に揺れる季節が一番いい。
2019年05月01日 11:22
前記事の梓釈迦堂の枝垂桜は女性的な感じでしたが、この枝垂れ桜は男性的な姿に見えました。
レンブクソウは山中湖花の都公園で一度だけ見たことがあります。小さくて写真は失敗したので、もう一度出会いたい花です。
2019年05月01日 15:04
こんにちは

古木には
木霊が宿りますね
人間よりもはるかに
永い命だものね

2019年05月01日 15:10
本当にただならぬ
霊気を感じます。
信州の桜は凄いですね。
日当りや環境もあるんでしょうが、
よくぞ長生きして下さったと、
感謝したい気持ちになります。
2019年05月01日 19:11
レンプクソウ まだ見たことないです。
ヤマエンゴクサは見ましたので その付近に出るかもしれないですね。
注意してみます。
なおさん
2019年05月02日 06:36
 イッシーさん、コメントありがとうございます。本当にばっちりの時に見ることが出来ました。これも運ですね。
アズマイチゲの花もなんとか咲いているのを見られました。
なおさん
2019年05月02日 06:40
 長さん、コメントありがとうございます。同じ枝垂桜の古木でも、樹によりずいぶんと雰囲気は異なりますね。こちらの桜は枝ぶりもがっしりとしていて、たくましく拡がり、堂々としているようで、そこが男性的に見えるのでしょう。
 花の都公園から桜と富士を見るのも良いですね。レンプクソウもご覧になりましたか。
なおさん
2019年05月02日 06:58
 無門さん、コメントありがとうございます。木霊が宿る樹が多くある、というのが信州の桜の凄さですよね。見事な桜です。
なおさん 
2019年05月02日 07:00
 yasuhikoさん、コメントありがとうございます。古い樹ならではの霊気をひしひしと感じますよねえ。
 長く生きてきたのも、それだけ多くのひとに大切にされてきたからなのでしょう。
なおさん
2019年05月02日 07:03
 shuuterさん、コメントありがとうございます。僕もレンプクソウの実物は初めて見ました。地味で小ぶりの花ですので、あまり目立たないものですよね。