上品な色あいのコムラサキの彩り

画像
 

 ムラサキシキブの1種のコムラサキが上品な紫の実を沢山つけて、目立つようになってきました。普通のムラサキシキブは、里山の雑木林でも見かけるものですが、あまり実のつきがよくないもので、公園や庭に植えられるものは、実のつきのよい、コムラサキであることがほとんどのようです。

 紫の色にもいろいろあるようで、この紫は赤みの入った紫です。コムラサキも濃紫とか小紫とかいろいろ字をあてるようで、それぞれ意味合いがあるようで面白いです。

画像


 上の画像は、以前に多摩の長池公園で見たもので、下の画像はうちの庭のものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

デコ
2007年11月22日 09:04
 紫は上品な色の筆頭だそうですが、このコムラサキの紫はこの時期、目立ちますね。
 20日の多摩森林科学園の森の科学館の前でもピチ人だかりがあって、近づくとこのコムラサキを狙っているカメラウーマンでした。

 そうそう、園内にヤクシソウはぼちぼちあって、まだ咲いておりました。ただ、アワコガネギクは入り口手前のドウダンツツジの植え込みの中に数株ありましたが、園内で見る事は出来ませんでした。
 桜はほとんど葉を落としており、落葉樹の林に光が射し込んで、林はとっても明るくなっておりました。

 ヤクシソウはこちらではまだ見かけます。車道の脇などにもありますが、10月末にちょっと覗いた多摩ニュータウンの尾根緑道(元戦車道路)で目に付く黄色はヤクシソウでした。 
2007年11月22日 09:25
紫と緑のコントラストがなんともいえませんね!!
そちらは寒くても結構いろんな花が咲いていいですね。
一度雪が降ってしまうと、みんなやられてしまい、今はもう世界が汚くなってしまいました。
これからしばらくの間は詰まりません。(ーー;)
2007年11月22日 16:38
なおさんちのコムラサキ、素敵な紫。
寒さにもめげず、美しい彩を保っていますね。霜が降りて甘くなるのを知っていて、小鳥たちが食べ頃を待っているのでしょうね。それまでじっくり楽しませていただきましょう。
2007年11月22日 21:30
あら!S子さんが来てる。
私は随分ご無沙汰だったみたい。
コムラサキって他でも見たよ。可愛い実だね!なおさん!猫の目って言うのとは違うんだよね。今夜は娘が飲み会でさよぴと二人。
たった今、夕飯食べたところ。今夜はご馳走無し!ご飯と焼き茄子とお味噌汁とまた鮭を焼いちゃった!それで終わり!
なおさん
2007年11月23日 08:49
 デコさん、コメントありがとうございます。多摩の里山の方も今は紅葉が見頃で良いのでしょうね。今日は都合でお出かけできなくなりましたが、残念です。でも25日は出かけるようですので。

 ヤクシソウもこの時期咲き残りがまだまだ見られて、黄色い花が温かそうで良いですね。
なおさん
2007年11月23日 08:52
 魔女さん、コメントありがとうございます。そちらも雪が積もり、寒くてタイヘンなことでしょうね。白い世界は色が乏しく、寒々しいことでしょうね。こちらはあまり雪が降らないので、雪景色のさまは綺麗だろうなあ、と想像しますが、そちらでは、そんなに甘いものではないですよね。
なおさん
2007年11月23日 08:55
 S子さん、コメントありがとうございます。この実も今は綺麗ですが、寒くなるにつれ、次第に色が褪せ、実もしなびてきます。小鳥に食べられるのもありますね。
 たまに庭にこぼれ種子で生えてくることもあり、丈夫なものですね。
なおさん
2007年11月23日 08:59
 さよちん、コメントありがとうございます。猫の目はちがいますねえ。でも、綺麗な色で他の実には、なかなかない色ですよね。

 「菜もなき膳にあはれは知られけり しぎ焼き茄子の秋の夕暮れ」という有名な狂歌のような夕食でしたねえ。でも、たまには良いですね。
一花
2007年11月23日 19:32
こんばんは。普通「紫式部」として花屋さんでよく出回っているのはコムラサキですよね。葉のギザギザが全体にないようで、実の付き方がたくさんですよね。うちのご近所でも植えられていて見事でした。鳥の落し物で、プランターと鉢から実生苗が出ています。まだ株が小さく花もつきません・・・。白い実のものもあるのですよね。
うちのクロガネモチの実生苗がお隣近所に出ていて、皆さん何でしょう~と仰ってます。
なおさん
2007年11月24日 06:58
 一花さん、コメントありがとうございます。紫式部と雅びな名前をつけてもらい、得をしている木ですよね。
 一花さんちでは、小鳥のプレゼントが育っていますか。早く実がつくようになると良いですね。花もやさしい色あいで、なかなか良いものです。白いのはシロシキブといいますね。

 一花さんちのクロガネモチもあたりに子供が沢山出ているのですね。今、紅い実が沢山できているでしょうから、ヒヨドリがうるさいほど来るようになりますね。

この記事へのトラックバック