テーマ:

国営武蔵丘陵森林公園にて スイテキな白蝶草

 6月28日に雨の降るなかで見た、白蝶草(ハクチョウソウ=ガウラ)の花のさまです。晴れた日ばかり選んで見ているのは、この花の魅力のごく一部しかわかっていない、ということですから、ほかの花にも言えることですが、雨の日にはどんな表情を見せるのか見ておくことも大事なことと思います。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ヒルガオの花

 「高円の野辺の容花面影に見えつつ妹は忘れかねつも」(万葉集 巻8 1630) 万葉のいにしえにはかほばな(容花)と呼ばれた、コヒルガオの花です。美しい桃色の花を美しい容貌のいとしいひとになぞらえたものでしょう。  あちこちで見るものですが、森林公園の駅から森林公園に向かう緑…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて アガパンサスの花

 アガパンサスは、ムラサキクンシランとも呼ばれるものですが、「愛の花」という意味あいです。  6月28日の雨の降るさなかに見てきました。スイテキな雫の飾りの旬を撮るには、雨の降っているうちに撮らないといけません。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて カワラナデシコの花

「わが屋外に蒔きしなでしこいつしかも花に咲きなむ比へつつ見む」(万葉集 巻8 1448)  大伴家持はナデシコを愛して、自分の屋敷の庭に種子を播いて、いとしいひとの面影を花に見ていたということですし、清少納言も枕草子で「草の花はなでしこ」と愛でています。 これは森林公園の野草コースで見たカワラ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

可愛らしいチョウ ベニシジミ

 6月12日に見た、国営武蔵丘陵森林公園のヒメジョオンにあそびに来たベニシジミです。神経質なアゲハとは違い、ベニシジミはかなりそばに寄ってもあまりイヤな顔をしない、優秀なモデルさんです。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

そうしてあたしはいつも夜咲くアザミ

 6月12日に国営武蔵丘陵森林公園で見た、ノアザミの花です。スコットランドでは、アザミは国を救った草とされているそうですが、日本では「あざむ」というのは、興醒めするとか、驚きあきれる、という意で、美しい花だからとトゲに不用意に触るとイタイ目にあうものです。
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて ウツボグサの花

 濃い紫色のウツボグサを園内のあちこちでみました。ウツボと言っても海にいる獰猛な魚ではなく、昔の矢を入れる靭の形に似ているからという名です。実の出来たさまが茶色の穂のようになり、印象的なので夏枯草と呼んで民間薬に利用されたりしたそうです。
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて ホタルブクロの花

 火垂(ホタル)というのは提灯のことだそうで、チョウチンバナなどとも呼ばれるホタルブクロの花のさまです。6月12日に見たものです。  だいぶ前の8月初めに美ヶ原の王ケ頭で見たヤマホタルブクロは10センチくらいで1、2輪咲いているという可愛らしさで、大きく伸びたものとはまた違う雰囲気でした。  火垂袋つながりで、アニメ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて ネジバナの花

 6月12日に中央口近くの芝生で見たネジバナ(モジズリ)の花です。ごく小さい硝子細工のような可憐な花ですが、れっきとした野生蘭です。絶滅が危惧されるランが多いなかで、このランは身近に見られるものです。  可憐なピンクの花には濃淡があり、清楚な白花もまた良いものです。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

6月の田園 2

 6月12日の森林公園緑道脇の田園のさまです。  田んぼの畔にはユウゲショウが群生して咲くもので、群れ咲くさまが良い感じです。  こちらの畔にはヒメイワダレソウが植えられています。  そこらへんの草のヒメジョオンも早苗を背景…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

今では指輪もまわるほど

 6月6日の早朝4時過ぎのうちの近くの一重のクチナシの花のさまです。まだ朝の陽が当たる前の白い花は、良い雰囲気です。一重ですので実も沢山出来るものです。
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ヤマボウシの花

 5月17日の早朝さんぽで川越西郵便局の前で見た、ヤマボウシの花です。  鴨川の水と賽の目と山法師は絶大な権力を誇った白河天皇も思い通りにならなかった、ということですが、比叡山などの僧・僧兵(山法師)の白い頭巾にこの白い総苞を見立てたというのも、面白いものです。  秋の紅葉も美しいものですし、実も…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

うちのヤマアジサイの花 

 5月23日の早朝5時頃に撮影した、うちのヤマアジサイの花です。青が濃くなるように日陰でマイナス補正をして撮りました。スイテキな雫の飾りがついて梅雨時の花らしい雰囲気が感じられます。 これは、富士フィルムのX-PRO3にXF60mmF2.4マクロを付けて撮ったもので、青い色を強調するカラークロー…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

卯の花の匂う垣根に

「卯の花の咲き散る丘ゆほととぎす鳴きてさ渡る君は聞きつや」(万葉集 巻10 1976)  5月29日撮影の朝7時すぎの埼玉・三芳町の上富の関越自動車道脇の畑に咲く、ウツギの花の群れのさまです。上富地区は武蔵野の循環型農業を継続しているところで、まだまだ雑木林も…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

白花ハナショウブ

 5月17日の早朝に出かけた川越水上公園の池のほとりの白花のハナショウブのさまです。雨上がりの早朝でしたので、しっとりと潤い、落ちついたたたずまいの雰囲気でした。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

センダンの花

 「妹が見しあふちの花は散りぬべしわが泣く涙いまだ干なくに」(万葉集 巻5 798 山上憶良)  万葉のいにしえにはあふち(おうち)と呼ばれたセンダンの花です。栴檀は双葉より芳しのセンダンはこのセンダンとは別の植物です。  繊細な切れ込みの葉も、薄紫の優しげな花も、秋から冬の薄黄色の実も面白いもの…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

ナヨクサフジの花

 5月17日の朝5時半過ぎの川越水上公園のナヨクサフジの花のさまです。此処もずいぶんとナヨクサフジは繁茂していて、雨上がりの雫を身に纏うと、より雰囲気が出るものです。富士フィルムのX-T4にキロン105mmF2.8マクロを付けて撮りました。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

散歩道の花 ユウゲショウ

 5月17日の早朝の散歩道で、キキョウソウを見たのと同じ道沿いで咲いていた、ユウゲショウの花です。これもX-T4にタムロン180mmマクロF3.5を付けて撮ったものです。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

散歩道の花 キキョウソウ

ここまでは、公園に行く途中に昔のMFのキロン105mmF2.8マクロ(オリンパスマウント)を富士フィルムのX-T4に付けて撮ったものです。  この3つは帰り道にタムロン180mmF3.5マクロ(ニコンマウント)を富士フィルムのX-T4に付けて撮ったもので…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

うちのシャクナゲ 2

 5月10日の朝5時頃のうちのシャクナゲの花のさまです。このときは弱い雨が降っていましたので、やわらかな光です。  富士フィルムのX-T4にマニュアルフォーカスのELICAR VHQ 55mmF2.8 MACRO(オリンパスマウント)を付けて撮りました。オリンパスのOMズイコー50…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

うちのシャクナゲの花

 5月6日の朝5時頃に見た、うちのシャクナゲの花のさまです。このシャクナゲは、咲きだしたばかりは色が濃いピンクですが、咲き進むにつれて色が淡くほぼ白っぽい色に変じてゆきます。  いずれも富士フィルムのX-T4に80mmF2.8のマクロレンズ(フルサイズ換算120mm相当)を付…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

アジュガの花

 5月3日の早朝5時半頃に見た、不老川畔のアジュガの花です。西洋キランソウとか西洋ジュウニヒトエとか呼ばれるもので、丈夫でよく増えて咲くものです。  ピンクの花はモス・フロックス(シバザクラ)です。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

西洋オダマキの花

 5月3日の朝5時半頃に見た、不老川畔の洋風美人の織田真紀さんです。八重のドレスがなかなかお洒落です。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

カキドオシの花

 5月3日の朝5時半頃に見た、不老川畔のカキドオシの花です。僕の場合は恥のカキドオシ?なのでコマリモノなのですが、こちらは茎が長く伸びて、垣根をくぐって増えてくるというところからの名です。  花の頃はまだ丈が低く花が割と大きいので目立ちますが、花の蜜標が面白いものです。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

不老川畔のナヨクサフジ

 5月3日の朝5時半頃に見た、うちの近くの不老川畔のナヨクサフジ(ヘアリーベッチ)の花です。あちこちに帰化しているものですが、緑肥や他感作用による雑草抑制のためのものとしても栽培されているものです。紅い葉はベニカナメモチの葉です。  此処では川の護岸に多く生えて花盛りのさまを見られました。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more