山形・小国にて 10  玉川の渓流のさま

 此処は、昨年11月初めにも来た玉川の渓流ですが、シャッタースピードの加減で流れのさまをさまざまに表現することができます。鈴木先生は、4分の1秒は魔法の数字、ということでこのスピードを押さえておくのが大事と指導されていました。

続きを読む

山形 秋の小国にて 9 温身平周辺のさま 2

 温身池は、サンショウウオやらモリアオガエルも産卵に訪れるという池で、それだけ自然が豊かという証なのでしょう。池の映り込みは昨年の方が美しいものでしたが、年々紅葉も異なるもので、その年ならではの光景を見るのもまた興味深いものです。

続きを読む

山形 秋の小国にて 8 温身平周辺のさま 1

 2日目の朝食後は森林セラピー基地のある、温身平に行きました。此処は森林浴によるリラックス効果・癒し効果などを体感するところのようです。  あたりにはブナの森が広がり、ツタウルシなども綺麗に色付いていました。この葉は綺麗ですが、ウルシの類ですからそばに寄らないのが賢明です。

続きを読む

山形 秋の小国にて 5 早朝の樽口峠 1

 2日目の早朝、まだ峠に陽が射す前のさまです。まだ薄暗いうちはWBを太陽光に設定して撮ると色温度の関係で青みがかった発色となり、独特の色あいとなりますが、だんだん時間が経つにつれて日中の普段通りの色あいになってゆきます。

続きを読む

山形 秋の小国にて 3 樽口峠の桜紅葉

 今回の撮影ツアーも小国と言ったらこのひと、という鈴木一雄先生の指導だったのですが、写真集にも登場したオオヤマザクラの紅葉のさまです。花の時期はもちろん、紅葉のさまも良いものです。

続きを読む

山形 秋の小国にて 1 樽口峠の薄原とキハダ黄葉 1

 可愛い子には足袋を履かせよ、という古来有名なことわざがありますので、10月末に約半年ぶりの山形・小国に撮影ツアーで出かけてきました。  前回5月に来た時は、新緑が鮮やかで山焼きした斜面にはワラビの芽が萌え出る季節でしたが、今回は薄原のなかにキハダなどの樹々の彩りが美しい季節となっていました。ほぼ1年前の11月初めでは、飯…

続きを読む

国営昭和記念公園にて ススキの穂

 山は暮れて野は黄昏の薄哉 という句の趣を撮りたいと思うのですが、なかなか思うようにいきません。ですので、昼間の撮影ですが、疑似夜景を作り出すべく露出を極端に切り詰めて、思い切ったマイナス補正をして撮ったススキの穂のさまです。  薄の銀の穂波が暗がりに仄かに浮かび上がるさまも趣のあるものです。

続きを読む

国営昭和記念公園にて 日本庭園の草木のさま

 タイワンホトトギスも株立ちで沢山咲いています。  少し色付き始めているモミジも見られました。  コムラサキやシロシキブの実も趣があるものです。  フユノハナワラビも胞子葉が出ています。  日本庭園の流れもこれからモミジが色付くと、より美しくなるものでしょう。此処で使用したXF16‐80mmF4の…

続きを読む

俺ら津軽さいぐだ 其の十六 「白神の森 遊山道」にて 1

 ツアー最終日に訪れた鯵ヶ沢町の「白神の森 遊山道」ですが、入口の叢のなかをアナグマが通るのを見ました。とっさのことで24‐105mmの望遠端で撮ったのですが、アナグマなのにテン(点)のようにしか写せませんでした。  こちらはタラノキの花にいるアマガエルさんです。花に来るちいさな虫を狙っているのでしょう。  「白神の森 遊山道」は、かつて津軽藩の田山として利用され、日…

続きを読む

俺ら津軽さいぐだ 其の十二 面子坂の池

 左側の樹の枝ぶりにご注目です。初め見た時、すわ河童か??十二湖猿人か??と色めき立ったのですが、落ち着いて良く見ると樹の枝だったのでがっかりしてしまいました。こんなに足の長いのは居ないでしょうが、良く似ていますよねえ。

続きを読む

俺ら津軽さいぐだ 其の六

 十二湖のひとつ、沸壺の池のさまです。青池同様の水の色が良い雰囲気で、個人的には青池よりもこちらの方が気に入ってしまいました。

続きを読む