テーマ:植物風景

初冬の越後紀行 2 夏井のはさ木のさま

 新潟市西蒲区夏井の田んぼの畦に並ぶ、はさ木のさまです。はさ木は稲刈りをした後の稲をかけて干すための横木を渡すために植えてあるものです。  稲刈り後にまた芽吹いた稲の葉が黄色く色付き、初冬の田んぼを彩ります。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

紅葉を見に行こうよう 見上げる彩り

 野草コースから運動広場に抜ける滝の道から見上げた紅葉のさまです。滝は今は水は流れていないのですが、此処から見上げて見るさまも良い感じで、XF10-24㎜の超広角で撮ると面白いものです。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

紅葉を見に行こうよう 観音堂前の大イチョウ

 11月21日に国営武蔵丘陵森林公園の紅葉を見に行こうよう、ということで、まずは森林公園の駅からバスで観音前のバス停で降りて、馬頭観音や成安寺前の大イチョウを見に行きました。時刻は朝の8時頃です。  青空の下で輝く黄金の樹を堪能したのちは、此処から遊歩…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

朝の鳴子峡にて 1

 11月7日は、鬼首のホテルを朝7時に出て、鳴子峡に向かいました。此処も紅葉名所で、紅葉を見に行こうよう、というひとで賑わうところですので朝食抜きです。  此処は鉄道も通っていて、トンネルからの眺めも絶景なのでしょう。よそを撮っていて列車が通るのを撮り逃しまし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて ススキの穂

 ススキの穂は咲きすすむにつれて、さまざまな表情を見せてくれます。まだ咲いたばかりの頃は、紅を差すものもあります。  黒バックに銀の穂波が映えるようにするには、露出を切り詰め、アンダーにして撮ると雰囲気がでるものです。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて コスモスの花の丘

 10月25日に国営昭和記念公園にひさびさに行きまして、いろいろ見てきました。調べもしないで行ったら、この日は無料開園日でしたので、多くの人がくるだろうからと、まずは最奥のコスモスの花の丘を目指しました。  コスモスの花のなかにコスモス…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 千日紅 ファイアーワークスの花

 ハーブガーデンで見た、千日紅ファイアーワークスの花です。ファイアーワークスというのは花火のことで、確かに花火が広がり始めた頃のさまを思い起こさせるような形です。  これも、無論タムロンの350mmF5.6のレフレックスレンズで撮ったものです。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて ハーブガーデンの散水機

 ハーブガーデンでは暑い時期には散水機を設置して、水撒きをしています。タムロン350mmF5.6のレフレックスレンズで、その水飛沫が飛ぶさまをピントをわざとぼかして撮ると、こんなふうにドーナツ状のボケが大量に発生します。光の当たる角度で、虹のような色あいのボケが出るのも面白いもので…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 緑陰のさま

 展望広場にはのびやかに枝を拡げるケヤキがあちこちにあり、木陰でお昼寝したら気持ち良いだろうなあ、という感じです。でも、埼玉には、「小型春日部蚊」が媒介する、埼玉特有の風土病「サイタマラリア」があるそう??なので、ご用心ですねえ。
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 雨の日の波紋

 梅雨時ならではの湿度感、風土感を表現するなら、やはり雨の降るさまを撮らないといけません。雨のさまはなかなか撮りにくいので、一番手っ取り早いのは、水面に雨のつくる波紋のさまを撮ることです。  園内最大の山田大沼のほとりに生える草もしっとりと潤い、雰囲気が良いものです。(6月28日撮影)
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more