テーマ:植物風景

俺ら津軽さいぐだ 其の十二 面子坂の池

 左側の樹の枝ぶりにご注目です。初め見た時、すわ河童か??十二湖猿人か??と色めき立ったのですが、落ち着いて良く見ると樹の枝だったのでがっかりしてしまいました。こんなに足の長いのは居ないでしょうが、良く似ていますよねえ。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

俺ら津軽さいぐだ 其の六

 十二湖のひとつ、沸壺の池のさまです。青池同様の水の色が良い雰囲気で、個人的には青池よりもこちらの方が気に入ってしまいました。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

俺ら津軽さいぐだ 其の四

 29日のこのツアーのハイライト、白神山地の十二湖をすべて回るコースの様子です。十二湖という名称ですが、実際には33くらいあるそうで、歩くと7時間くらいかかるコースです。  こちらは十二湖と言ったら此処、という代名詞的存在の青池のさまです。コバルトブルーの水のさまが美…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて ヒメヒオウギズイセンなど

 ボーダー花壇で見た、ヒメヒオウギズイセンなどの花です。いろいろな花が群れて咲くところでは、独特なボケが面白いレフレックスレンズが活躍するもので、昔のマニュアルフォーカスのミノルタの250mmレフレックスF5.6のレンズを使ってみました。
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 夏草の風情 薄原

 里山の自然を語るうえで欠かすことの出来ない、薄原のさまです。いにしえからさまざまに利用され、歌に詠まれ、愛でられてきたものです。 いちばんの見どころは秋の穂が出たさまですが、夏草の風情を楽しむのもこの時期ならではです。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 山田大沼のほとり

 緑濃い、園内最大の沼の山田大沼のさまです。河童が居るのが沼で、居ないのが池ということですが、いまだに河童の姿を見たことがないのが残念で仕方ありません。やはり、昼間の時間帯で見ようとするのにはムリがあるのでしょう。  その代わりに、河童の眷属ともいうべきカメさんがやっとかめ、と甲羅干ししているのは見ることが…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

水無月祓のさま

 6月29日に地元の川越八幡の神社に行きまして、水無月祓(夏越大祓)の支度のさまなどを見てきました。今回は、たまには使ってやらないとということで、富士フィルムのX-Pro2 graphite editionに、XF18‐55mmF2.8‐4の標準ズームを付けて撮ってきました。  参道にはウズアジサイも見られました。…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて 日本庭園の草木 

 日本庭園入口近くの植え込みのクマシデの実です。ホップの実のように大きい実が面白いものです。  日本庭園入口の蹲のさまです。小雨の日は石もしっとりと潤い、シダも生き生きとして見えます。  流れのシダ類も梅雨のときには緑が美しく、趣がありますし、流れも落ち…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

三芳野のソバ畑のさま

 埼玉の三芳町は「伊勢物語」にも登場した歌枕の地でもあります。「農(ノー)と言える日本」ということで、川越や三芳町で実践されている「武蔵野の落ち葉堆肥農法」は、いにしえから持続している循環型農法として、日本農業遺産に認定されています。  三芳町はサツマイモの産地として有名ですが、あちこちでソバも栽培されています…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて みんなの原っぱ

 みんなの原っぱのブーケガーデンで見た、ヤグルマギクやシャーレーポピーなどのさまです。もう見頃終わりに近く、かろうじて咲き残りが見られました。    原っぱ中央の大ケヤキもすっかり緑が濃くなり聳えています。晴れた日には多くのひとがいるところですが、小雨の降る中では静かな原っぱでした。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて ハナショウブいろいろ

 花木園展示棟脇の菖蒲田のハナショウブの様子です。此処はこじんまりとしたところなので花の数は多くないのですが、しっとりとした梅雨時ならではの風情を見ることが出来ました。ハナショウブやアジサイは、晴れの日よりも小雨の方が雰囲気が良く似合います。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

国営昭和記念公園にて 水鳥の池周辺のさま

 6月9日に、ひさびさに国営昭和記念公園に行きまして、小雨の降ったり止んだりするなかでいろいろ見てきました。梅雨のしっとりとした湿潤な空気感は、日本人の季節感や感性に大きな影響を与えてきたものですので、この季節ならではの雰囲気も写真を撮るもの、草木を愛するものには無視できないものです。  はじめの画像は、水鳥の池の真ん中の…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山形・小国にて 15 横根健康の森にて

 24日の最終撮影地の横根健康の森の様子です。此処は森のなかにちいさな池があり、ひっそりとした雰囲気が良い感じです。  カエデの枝にはモリアオガエルの泡のような卵が産み付けられています。    マルバアオダモの繊細な糸のような花も池のほとりで咲いています。 …
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

山形・小国にて 13 早朝の田園風景

 5月24日もやはり3時に起きて、梅花皮荘を4時に出て前日下見をしておいた田圃に行きました。早朝の飯豊連峰が朝焼けに染まるときの映り込みを撮ろうということです。  山の上ではない、里の早朝ですが、この時間帯はかなり冷え込み、寒さを感じるほどでした。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

山形・小国にて 12 白い森おぐに湖の樹々

 昨年11月にも来た、「白い森おぐに湖」の湖面に映えている樹々ときらめく水のさまです。5月23日の午後にみたものです。  さざ波のきらめきをどう表現するかで、露出補正をどうするかが変わってきますので、新緑の色を出すか、水の輝きを強調するか、思案のしどころです。
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山形・小国にて 11 午後の田園風景

 24日の早朝撮影の予定地の下見ということで、23日の午後に見た田園の様子です。田おこしして水を入れた田圃に飯豊連峰が映り込むさまは、この時期ならではの眺めです。  田の畔のタンポポやフキノトウの実の綿毛のさまも田園を彩ります。
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

山形・小国にて 9 藤の花房あれこれ

 小国町ではあちこちでフジの花を見かけました。これほどあちこちにあるとは秋にはわかりませんでしたが、見事な花房が樹々に絡んで垂れているのは趣ある眺めで、その美しさを堪能してきまし…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

山形・小国にて 8 早朝の樽口峠の情景(3)

 雄大な飯豊連峰の残雪を背景に咲くタニウツギの可憐なピンクも良い雰囲気です。  山焼きしたあとでは可憐なスミレも咲きだしています。    トチノキと咲き競うフジの花も美しい色あいです。  ホオノキに絡んで咲いているフジもあります。  今回は富士フィルム…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

山形・小国にて 7 早朝の樽口峠の情景(2)

 小国の山はあたり一帯がワラビの産地となっていて、樽口峠にもわらび園があり、雪解け後に山焼きして枯草などを焼き払い、ワラビの芽が萌え出やすくしているようで、草木灰も肥料になるものです。  此処ではワラビなど山菜も有用な換金可能な資源で入会地ですので、好き勝手には採れないところが多く、採るには許可や料…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

山形・小国にて 6 早朝の樽口峠の情景(1)

 2日目の23日は未明の3時に起きて4時に宿を出て、樽口峠に向かいました。  22日の午後にも来たのですが、やはり早朝の空気感は新鮮で良いものです。  飯豊連峰にも次第に朝の光が当たり、残雪の山肌がほんのり染まってきます。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

山形・小国にて 5 大渕橋付近の情景

 宿近くの玉川に架かる大渕橋から見降ろした渓谷のさまです。流れの中央の岩に、何処からか流されてきたのでしょうか、丸い大岩がでん、と鎮座しています。  川床の岩にはいくつか甌穴も見られて、面白い眺めとなっています。  白い試験管洗いのようなウワミズザクラの花穂も盛りでした。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

山形・小国にて 4 樽口峠の情景

 昨年11月に訪れた時には、一面の薄原で新雪の飯豊連峰が見事でしたが、半年ぶりに来て見ると緑の鮮やかな森が拡がっていました。飯豊連峰にはまだまだ残雪が多く見られ、緑の峰との対比が見事でした。22日の3時半から4時半頃の様子です。
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

山形・小国にて 1 飯豊梅花皮荘前の玉川河原

 「可愛い子には足袋を履かせよ」という古来有名なことわざがありますので、5月22日から24日にかけて、また山形・小国の鈴木一雄先生の撮影ツアーに行ってきました。此処は昨年11月初めに行ってきたので、半年ぶりの再訪です。大宮から山形新幹線に乗り、米沢で降りてそこからバス移動で小国町まで行きました。  飯豊梅花…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

国営武蔵丘陵森林公園にて 緑の飽和

 野草コースの半ばにある分山沼の水面に映る緑のさまです。此処は定点観測的に撮影している良いところです。  こちらは、園内最大の山田大沼のさまです。コナラの倒木ではカメさんが「やっとかめ」と甲羅干しをしていました。
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more