テーマ:

ノコンギクいろいろ

 うちの庭で咲いている、ノコンギクのいろいろです。上の画像はごく淡い薄紫のやさしい色あいのものです。  こちらは、ほとんど白に近い色あいのものです。  こちらは、葉が汚れてしまったのですが、ヒメノコンギクかダルマノコンギクとか呼ばれるミニのノコンギクで小さく育てると5センチ前後で咲き、可愛らしいもので…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

面白い花型 オビトケノコンギク咲く頃

 徳島の方に分けていただいた、面白い花型のオビトケノコンギクが花盛りとなりました。筒咲きというのか、先割れスプーンのような花びらです。  普通のノコンギクの花変わりを、だれか目の良いひとが選抜したものでしょうが、丈夫で殖やし易いものですので、広まったものでしょう。  10日に撮影したもので、花には水滴の飾りがつい…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

清楚な白菊 花盛り

 ひとり遅れて咲きにけりと歌われた白菊の花盛りの様子です。昭和記念公園で見かけたものです。  秋は菊の季節と言ってもよいくらい、いろいろな種類が咲き、大菊や小菊などいろいろな種類が栽培され、秋を彩ってきました。  11月半ばとなっても、まだまだけなげな虫が、花におとずれています。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ソナレノギクが咲きすすみました

 以前見ていただきました、うちのソナレノギクの様子をまた見ていただきます。カワラノギクより、がっしりした感じになり、こちらの方は海辺にはえるせいか、より逞しい雰囲気です。  花の感じは良く似ていますが、ソナレノギクはハマベノギク属、カワラノギクはシオン属と違う属です。
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

やさしい薄紫の野菊 カワラノギク咲く頃

 種子を頂いて育てたカワラノギクの2代目の花が、うちで咲いています。花びらが細く、繊細な雰囲気の花です。  名前のように、河川敷に生えるものですが、生える場所はごく限定されて、関東の多摩川系の河川敷、静岡東部などに限られる珍しい野菊です。学名もAster kantoensisということで、関東の名がついています。  葉が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

面白い花型 クサヤツデ咲く頃

 苗をいただいて育てている、うちの鉢植えのクサヤツデの花が見頃となりました。キク科で、日本の山に生えるものです。  渋い色あいの花で、あまり大きいものではなく、どちらかというと地味な花ですが、間近で見ますと、カールしたリボンのような花びらが面白く、楽しい形です。  葉の形がヤツデをイメージさせるように切れ込んでい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

青紫の冴えた花色 トリカブト咲く頃

 種子をいただいて、播いて育てたうちのトリカブトが今年も見頃となりました。庭に植えてあるのですが、冴えた青紫の花色は良いものです。  山で見るのは、もっと花色が冴えたように見えるのですが、平地の庭では、このくらいの花色なのかも知れません。  この仲間はいろいろ種類が多く、分類も難しいようで、うちのがヤマトリカブトなのかどうな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

晩秋の名花 リンドウ咲く頃

 秋も深まり、リンドウの花が咲く頃となりました。30年ちょっと前、僕が小学生の頃は、地元の川越のうちからそう遠くない平地の雑木林でも、リンドウの花は雑木林の割と日当たりのよいところなどで、けっこう見かけたものです。  いまでは、雑木林も激減し、リンドウももっと郊外の雑木林や山に行かないと見られなくなりました。  秋の深い…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

清楚な白い星 センブリ咲く頃

 武蔵丘陵森林公園の雑木林のはずれで、センブリの清楚な白い星型の花が咲いています。この花も、リンドウの仲間で、同じように全草に苦味があり、やはり健胃の薬となりトウヤクとも呼ばれます。布袋に入れて、湯に浸して1000回振り動かしてもまだ苦味が出るということで、振出薬(薬草のティーバッグ)にしたところからセンブリという名になったそう…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

見事な瑠璃色の輝き サワフタギの実

 東京の昭和記念公園で、実に見事なサワフタギの実を見ました。ハイノキ科の木で、Symplocos sawafutagiと学名もサワフタギと呼ばれるものです。  サワフタギは沢蓋木と書き、沢を覆い隠すように繁るところからの名だそうですが、別に沢沿いでないと見られないか、というとそうでもないようです。  瑠璃実の牛殺し(ルリ…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

ちょっとひとやすみ

 道端のイヌコウジュの可憐な花に、やはり可憐なヤマトシジミが羽根を休めていました。   イヌコウジュはシソ科の1年草ですが、あちこちによく生えているのを見かけます。ごく小ぶりですが、ピンクの可愛らしい花が穂になって咲くさまは良いものです。  ヤマトシジミは良く見かけるシジミチョウですが、カタバミが食草ということです…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

可愛らしいヤマラッキョウの花

 種子から育てたヤマラッキョウの花が見頃を迎えました。はじめは苗を買ったものですが、種子を播いたあとで、親株は枯れてしまい、なんとか実生苗が残りました。  畑に栽培するラッキョウとよく似たものですが、こちらは冬には葉が枯れます。 花は長く飛び出た雄蕊が線香花火のようで面白く、可愛らしい感じです。  山の草原に生える…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

やさしい花色 ノコンギク咲く頃

 庭のノコンギクも咲き出してきました。やさしい風情の野菊で、山や野で群れ咲いているのを見ると嬉しくなります。ごく普通に見られるものですが、花色や花型に微妙な差があり、それぞれ良いものです。  日向で育てると、丈夫なものでよく殖えて沢山咲いてくれます。  咲く前は、花色が濃くていいのですが、咲いてみるとほんのりとし…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

やさしい花色 ムラサキフジバカマ咲く頃

 28日に、東京・昭和記念公園に行ってきました。「花みどり文化センター」の講座の「日本の伝統的な文様を藍で染める」の前準備をしに行ったのですが、その休み時間にセンター裏で咲いているものを見ました。  万葉の秋の七草に詠まれ、絶滅危惧種に指定されているフジバカマとは別系統のもののようで、花屋さんにも並ぶもののようで、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

庭の秋草

 うちの庭のごく一部ですが、キンモクセイとシダレハナモモの木に挟まれた区画では、タイワン系のホトトギスとセキヤノアキチョウジが咲いています。  青紫のセキヤノアキチョウジの風情が好きですので、沢山咲いてくれるとうれしいものです。  この隣ではちょっと前まではシモバシラが咲いていましたし、もうしばらくすると、トリカブトの青…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more