国営武蔵丘陵森林公園にて フユヅタのさま

553A3138.JPG

 雑木林の樹に絡みついているのをよく見かけるフユヅタのさまです。キヅタとも呼ばれるものですが、青々とした葉のさまが良いものです。

553A3687.JPG

 こちらは同じ日に見た、原種シクラメンのヘデリフォリウムの葉のさまです。ヘデリフォリウムは、ヘデラ(フユヅタ)に葉のさまが似ているからついたものですが、葉だけ見ても美しいものです。

国営武蔵丘陵森林公園にて セツブンソウの花

DSCF0884.JPG

DSCF0890.JPG

DSCF0904.JPG

DSCF0912.JPG

DSCF0921.JPG

DSCF0933.JPG

DSCF0958.JPG

DSCF0968.JPG

DSCF0974.JPG

 2月20日に野草コースで見たセツブンソウの花です。花びらのように見えるのは萼片ですが、いろいろ変化があるものです。富士フイルムのX-T4に無論タムロンの180㎜F3.5マクロを付けて撮りました。180㎜が270㎜相当になるものですので、遠くから小さな花を大写しできます。

国営武蔵丘陵森林公園にて 葦の浮島

553A3562.JPG

553A3566.JPG

553A3569.JPG

 山田大沼の豊葦原計画で、水質浄化のための葦の浮島の根方をねぐらにするコガモなどのさまです。風を遮り、外敵からも身を隠す事ができるものです。

 何羽か群れていますので、ながながし夜をひとりカモ寝む、という寂しさ、侘しさはないのかも知れません。