国営武蔵丘陵森林公園にて クサボケの花

2K0A6066.JPG

2K0A6069.JPG

2K0A6070.JPG

 朱色のクサボケの花です。これは野生種ですので、言わば天然ボケ?ですが良い色あいです。草刈で刈られたものは地面すれすれに咲くものもあり、此処で見たのもそういうものでした。

 シドミとも呼ばれる実は酸味が強いので生では食べないものですが、果実酒にしたり、箪笥に入れて移り香を楽しむということもあるようです。(3月27日撮影)

国営武蔵丘陵森林公園にて タンポポ2題

2K0A5803.JPG

2K0A6020.JPG

2K0A6022.JPG

 上は、カントウタンポポ(のように見えるタンポポ)です。まあ、シロウトには遺伝子レベルの厳密な区分などできませんので、カントウタンポポに見えるならそれでいいんでないかい、ということです。

 タンポポは黄色いもの、と思いこんでいると白いタンポポの方が普通に見られる地方もあるのだ、ということを知るとまた興味深いものです。(3月27日撮影)

国営武蔵丘陵森林公園にて キジムシロの花

2K0A6010.JPG

2K0A6012.JPG

2K0A6014.JPG

 雉も鳴かずば撃たれまい、ということで、この草を蓆にしてうずくまっていれば目立たないということなのでしょうが、なかなかそうもいかないようです。

 今昔物語には、とある武士が出家する際に、道心を堅固に固めるためにということで、雉を生きたまま羽根をむしり取って、首を切り、炒り焼きにする噺が出てきますが、こちらは「雉毟ろう」という噺です。(3月27日撮影)

国営武蔵丘陵森林公園にて センボンヤリの花

2K0A6003.JPG

2K0A6007.JPG

2K0A6009.JPG

 清楚なセンボンヤリの花です。春の開放花は可愛らしいものですが、秋の閉鎖花の茎が伸びたさまは毛槍のような感じで面白いものです。花びらの裏が紅紫色を帯びるもので、ムラサキタンポポという別名もあり、ガーベラをうんと小ぶりにしたような雰囲気です。

 奥に見える花は花が2つくっついているようにも見えますので、キク科のものには良く見られる帯化現象かなあ?という気がします。(3月27日撮影)

国営武蔵丘陵森林公園にて エンゴサク2題

2K0A6078.JPG

2K0A6080.JPG

2K0A6076.JPG

 なよなよと繊細な雰囲気のジロボウエンゴサクの花です。伊勢のほうのこどもはこの花茎とスミレの花茎を絡ませて花相撲をした、ということですが、こんなか弱そうな雰囲気の茎では、すぐに切れてしまいそうな気がします。


2K0A6130.JPG

2K0A6134.JPG

2K0A6144.JPG

2K0A6147.JPG

 こちらは淡い空色のヤマエンゴサクの花です。こちらは援護柵?に守られて踏み込めないところで咲いていましたので、100-400mmの400mmで撮ってもこのくらいの大きさにしか写せませんでした。(3月27日撮影)

花は盛りに 月はくまなきをのみ見るものかは

IMG_0597.JPG

IMG_0592.JPG

IMG_0600.JPG

IMG_0602.JPG

IMG_0604.JPG

IMG_0611.JPG

2K0A6517.JPG

2K0A6520.JPG
IMG_0626.JPG

IMG_0617.JPG

IMG_0622.JPG

IMG_0625.JPG

IMG_0628.JPG

2K0A6519.JPG


 4月5日、11日に見た、近くの公園のソメイヨシノのさまです。早朝5時に出かけまして、そろそろひとが来始める6時にはもう退散しましたので、ほんの短い時間の花見です。
 桜は満開のときばかりが美しいのではなく、はじめと終わりの風情も良いのだということで、散り際の桜の美もまた良いものですし、朝の光で赤みがかった花いろもまた美しいものです。

国営武蔵丘陵森林公園にて シキミの花

2K0A5349.JPG

2K0A5351.JPG

2K0A5354.JPG

「奥山の樒が花の名のごとやしくしく君に恋ひわたりなむ」(万葉集巻20 4476)

  3月15日に見た、シキミの花です。シキミのクリーム色の花はお寺やお墓で見かけることがありますが、抹香を作るのに利用されたりしたもので、有毒なものです。

国営武蔵丘陵森林公園にて スミレの花いろいろ

2K0A5238.JPG

2K0A5243.JPG

2K0A5247.JPG

2K0A6270.JPG

 3月15日と27日に見た、スミレの色々です。濃い紫のノジスミレはずいぶんと咲いていました。

2K0A5373.JPG

2K0A5376.JPG

2K0A5889.JPG

2K0A6318.JPG

2K0A6216.JPG
 やさしいほのかな香りのニオイタチツボスミレも良い雰囲気です。

2K0A5377.JPG

2K0A5383.JPG

2K0A6059.JPG

 いちばん普通に見られるタチツボスミレも、群れ咲くさまは良いものです。

2K0A5464.JPG

2K0A5468.JPG

2K0A5467.JPG

 スミレのプリンセスと呼ばれるヒナスミレは初々しく可憐なさまが良いものです。

2K0A5765.JPG

2K0A5772.JPG

 オトメスミレはタチツボスミレの白花で、距だけ淡い薄紫色になるタイプのものです。

2K0A6199.JPG

2K0A6202.JPG
 
 エイザンスミレ、ヒゴスミレは香りがあるのが良いものです。

2K0A6210.JPG

2K0A6218.JPG

 コスミレも良く見かけるものですが、それほどちいさいという訳でもありません。

国営武蔵丘陵森林公園にて ショウジョウバカマの花

2K0A5115.JPG

2K0A5120.JPG

2K0A5122.JPG

2K0A6153.JPG

 赤ら顔で酒が大好きで力持ちという、想像上の猩々というオランウータンに似た獣の名前をもらったショウジョウバカマの花のさまです。紅葉した葉を猩々緋の色あいに例えた名ですが、雪国で雪に埋もれて冬越しするものは、紅葉せずに緑のままです。

 花を茶筅になぞらえてチャセンバナという方言もあり、花が咲きすんんで実ができる頃は、花茎も長く伸びるものです。

国営武蔵丘陵森林公園にて アマナの花

2K0A5446.JPG

2K0A5452.JPG

2K0A5457.JPG

2K0A5461.JPG

 3月15日に見た、清楚なアマナの花のさまです。花びらの裏側に赤茶の筋が入るさまがアクセントになっているものです。地下の鱗茎が甘いのでこの名がありますが、あまりに可憐なものですので、食べちゃいたいくらい可愛い、とホントに食べてしまっては数が減ってしまいますし、公園は採れませんので撮るだけです。