国営武蔵丘陵森林公園にて セツブンソウの花

DSCF0884.JPG

DSCF0890.JPG

DSCF0904.JPG

DSCF0912.JPG

DSCF0921.JPG

DSCF0933.JPG

DSCF0958.JPG

DSCF0968.JPG

DSCF0974.JPG

 2月20日に野草コースで見たセツブンソウの花です。花びらのように見えるのは萼片ですが、いろいろ変化があるものです。富士フイルムのX-T4に無論タムロンの180㎜F3.5マクロを付けて撮りました。180㎜が270㎜相当になるものですので、遠くから小さな花を大写しできます。

国営武蔵丘陵森林公園にて 葦の浮島

553A3562.JPG

553A3566.JPG

553A3569.JPG

 山田大沼の豊葦原計画で、水質浄化のための葦の浮島の根方をねぐらにするコガモなどのさまです。風を遮り、外敵からも身を隠す事ができるものです。

 何羽か群れていますので、ながながし夜をひとりカモ寝む、という寂しさ、侘しさはないのかも知れません。

朝の河畔林のさま

DSCF0610.JPG

DSCF0617.JPG

DSCF0618.JPG

DSCF0620.JPG

 近所の公園のはずれは、入間川の堤防となっているのですが、上は舗装されていて自転車も走れるようなっています。そこから見た、朝の低い光の当たる林のさまです。

節分 ヒイラギの葉

553A3802.JPG

553A3808.JPG

 節分に鬼の目を鋭い棘で突く、というヒイラギの葉のさまです。葉に鋭い棘があるので触るとひりひり痛むので、ひひらぐというのがひいらぎと転じたものということですが、柊という字をあてるのも趣のあるものです。

霜の朝

DSCF0429.JPG

DSCF0435.JPG

DSCF0425.JPG

DSCF0389.JPG

DSCF0444.JPG

DSCF0449.JPG

DSCF0472.JPG

DSCF0501.JPG

DSCF0503.JPG

DSCF0530.JPG

DSCF0551.JPG

DSCF0593.JPG

DSCF0575.JPG

 寒い朝ならではの霜の降りた草のさまです。朝陽が当たりはじめると、雰囲気もまた変わってくるものです。