国営武蔵丘陵森林公園 オケラの花

553A1237.JPG

553A1242.JPG

553A1251.JPG

「恋しけは袖を振らむを武蔵野のうけらが花の色に出なゆめ」(万葉集巻14 3376)

 万葉のいにしえにはうけらと呼ばれていたオケラの花です。面白い形の花で、どことなく趣のあるものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 41

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

長さん
2020年10月20日 10:10
残念ながら、オケラの花はまだ見たことがないのです。魚の骨のような苞が残った花後なら見たことがあるのですが・・・。
目黒のおじいちゃん
2020年10月20日 10:54
なおさん
富士山麓で見掛けましたが一寸痛んでいました。
純白の花は綺麗ですね。
はるる
2020年10月20日 18:19
公園はいろいろな花がそろっていますね。
変わった花、ぜひどこかで見たいものです。
うふふ
2020年10月20日 20:43
植物園で大きな木の下で咲いているのを見たことがあります。
ひっそりと咲き続けるオケラの花は、恋する女心を表わしているのでしょうか。
万葉集はほんの一部しか読んだことがありませんが、魅力がありますね。
なおさん
2020年10月21日 04:36
 長さん、コメントありがとうございます。オケラの花は独特ですよねえ。
 枯れても長いこと楽しめるのが良いですね。花盛りのをいつかご覧になれると良いですね。
なおさん
2020年10月21日 04:38
 目黑のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。富士山麓でご覧にご覧になりましたか。ひっそりと咲く花ですので、雰囲気が良いですよね。
なおさん
2020年10月21日 04:39
 はるるさん、コメントありがとうございます。昭和記念公園のこもれびの丘の雑木林でも見ることができますね。ご覧になる機会があると良いですね。
なおさん
2020年10月21日 04:43
 うふふさん、コメントありがとうございます。オケラを詠んだこの歌は、東歌ですので、関東のあたりの土地を詠んだものですが、この頃から武蔵野という地名はあったのですねえ。
 袖を振るというのは、恋しい気持ちの表現ということだそうですね。袖にする、というのとは真逆ですかねえ。
S子
2020年10月22日 14:26
防人の歌ですね。
オケラの花の色って割合地味に思えますが、
どんな色を言っているのでしょうか?
当時とすれば、きれいな衣なのでしょうね。
いろいろ楽しませていただきました。
なおさん
2020年10月23日 03:49
 S子さん、コメントありがとうございます。歌の解釈もいろいろ面白いですよねえ。
 恋しい想いを表に出してはいけないよ、というようにもとれるかなあ、と言う気もしますね。
 東国の庶民はつつましい質素な生活をしていたのかなあ、という気もしますね。