国営武蔵丘陵森林公園にて キクイモの花

2D9A0501.JPG

2D9A0502.JPG

2D9A0505.JPG

2D9A0507.JPG


 針葉樹見本園のはずれの水生植物の池の近くで見た、キクイモの花です。地下の芋には、イヌリンという澱粉があり、食用として利用されたものです。以前、味噌漬けにしたものを頂いて食べたことがありますが、コリコリして美味しいものでした。

センニンソウの花

DSCF0019.JPG

DSCF0021.JPG

DSCF0022.JPG

 これも埼玉の三芳町で見たセンニンソウの花です。清楚な白い花が群れ咲くさまは良いものですが、花びらに見えるのは蕚片ということです。

 これだけ群れ咲いていると、甘い香りがするものです。花を見るだけなら良いのですが、葉や茎の汁が皮膚につくとただれたり、水ぶくれができたりすることもあるそうなので、ご用心です。

国営武蔵丘陵森林公園にて 真夏のシクラメン

2D9A0521.JPG

2D9A0525.JPG

2D9A0527.JPG

2D9A0530.JPG

 針葉樹見本園のはずれで、8月2日に見た原種シクラメン・ヘデリフォリウムの花です。シクラメンというと12月頃の花、というイメージがありますが、原種シクラメンのヘデリフォリウムは、秋口から咲くのもあるようです。でも、蝉しぐれを聞きながらシクラメンの花を見るというのも、季節感がぐちゃぐちゃ??な気がしてしかたないのです。

国営武蔵丘陵森林公園にて ふたたびのチョウトンボ

2D9A0764.JPG

2D9A0766.JPG

2D9A0778.JPG

2D9A0757.JPG

2D9A0781.JPG

2D9A0817.JPG

2D9A0837.JPG


 前回は70‐200mmとあまり大写し出来なかったので、8月2日にリベンジということで100‐400mmの望遠ズームを持っていきましてまた雅の広場の池のチョウトンボを撮ってきました。青紫メタリックの輝きに惚れ惚れします。今回も、ノートリミング、フルフレームです。

国営武蔵丘陵森林公園にて クヌギ樹液バーは大繁盛

2D9A0035.JPG

2D9A0338.JPG

2D9A0342.JPG

2D9A0346.JPG

2D9A0334.JPG

2D9A0034.JPG

 8月2日は早朝開園ということで7時から西口より入園しました。渓流広場のはずれのクヌギは樹液がずいぶん出るようで、カナブン、カミキリ、スズメバチ、カブトムシなど千客万来と大賑わいでした。

 スズメバチだけはコワイので、君子危うきに近寄らず、と100‐400mmの400mm側で離れた場所から撮りました。