国営武蔵丘陵森林公園にて ユウスゲの花

2K0A6833.JPG

2K0A6834.JPG

2K0A6835.JPG

2K0A6837.JPG

2K0A6929.JPG

 詩人・立原道造が愛したユウスゲの様子です。黄昏どきを待って咲きだすやさしいレモンイエローの花の風情は良いものです。ほのかな香りのする花は美しいもので、種子をいただいて播いて咲かせたこともありますが、うちでは絶えてしまいました。

 やはり山の草原で暮れ方に咲く風情を見るのがいちばんなのでしょうが、僕は自生のさまを見たことがありません。

 武蔵丘陵森林公園では山登りせずにみられるのですが、夕方5時には閉園してしまうので、一番良い時期に見られないのはザンネンです。画像は、6月28日の朝10時頃の様子で、前日の萎れた花と、これから今日咲く蕾が見られました。