6月の田園 2

 6月12日の森林公園緑道脇の田園のさまです。

DSCF0907.JPG

DSCF0918.JPG

DSCF0920.JPG

DSCF0947.JPG

DSCF0951.JPG

DSCF0960.JPG

DSCF1009.JPG

 田んぼの畔にはユウゲショウが群生して咲くもので、群れ咲くさまが良い感じです。

DSCF0987.JPG

DSCF0988.JPG

DSCF0991.JPG

 こちらの畔にはヒメイワダレソウが植えられています。

DSCF0994.JPG

DSCF1002.JPG

 そこらへんの草のヒメジョオンも早苗を背景に咲くさまは良い雰囲気です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 39

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

イッシー
2020年06月19日 05:27
日本の正しい田園風景っていう感じで美しいな~。
小さなお花が群生しているのがまたいいですね。
今年はまだ田んぼに行ってません。見に行ってみるかな。
信徳
2020年06月19日 08:00
田圃脇の草花も群生していると迫力を感じます。
「跳んで埼玉」ここは群馬帝国の一部の様です。
S子
2020年06月19日 13:10
こんなに美しい大自然の風景が見られるなんて素敵です。
日本の原風景て感じですが、夢の中にいるみたいです。
私の住む窓からは、正面に富士山。西に南アルプスが見られます。
そしてアルプスを越えてゆく飛行機。夕方には何本も航跡雲が
朱く弧を描くさまが見られます。
南へ向かう飛行機は富士山の真上を通りますので火口がよく見え
ました。その写真どこかにありますが…
長さん
2020年06月19日 13:40
ユウゲショウはどこにでも生えますが、ここは半端じゃないですね。一方の、ヒメイワダレソウは種を蒔いたのですかねー。いずれも見事です。
無門
2020年06月19日 17:29
こんにちは

水田の応援団が
勢揃いですね
はるる
2020年06月19日 18:39
こんな風景、ほっとしますね。
ユウゲショウの色が、きれいによく合っています。
ここではどんな草花も立派な花になります。
水面がきらきらしていますね。
うふふ
2020年06月19日 20:28
まぁ、なんと見事な!
田んぼの畔は肥沃なのですね。
その上、遮るものがない日当りの良い所はどんなお花も立派に咲くのですね。
ヒメジョオンでも、そこらへんの草とは思えません。
なおさん
2020年06月20日 07:13
 イッシーさん、コメントありがとうございます。やはり、何かしらの花が咲いている畔の方が楽しいですよね。

 あまり稲が伸びてしまうと水面が見えなくなるので、やはり植えたばかりの頃が狙い目ですかねえ。
なおさん
2020年06月20日 07:26
 信徳さん、コメントありがとうございます。田んぼの畔もこんなに花が咲いていると見違えるような美しさですよね。
なおさん
2020年06月20日 07:32
 S子さん、コメントありがとうございます。「日本の原風景」というのも、いつの時代まで遡るか、ということでいろいろな考えの差があるでしょうね。稲作伝来以前とするか、それ以降とするかでも大きな差が出るでしょう。

 田の畔に咲く、ユウゲショウ、ヒメイワダレソウ、ヒメジョオンはいずれも日本在来のものではないので、これが咲くさまを原風景といって良いのか、という疑問を持つひともいることでしょうね。

 S子さんちからは富士山やら南アルプスがご覧になれますか。居ながらにして名峰を眺められるのは良いですね。
なおさん
2020年06月20日 07:39
 長さん、コメントありがとうございます。田の畔はよく草刈されるものですが、それに耐えらえるものでないと生き残れませんが、これだけ咲いていると耐性があるのでしょう。

 ヒメイワダレソウは苗を植えるのもめんどうでしょうから、種まきしたのですかねえ。雑草抑制効果もあるのか興味深いですね。
なおさん
2020年06月20日 07:40
 無門さん、コメントありがとうございます。いろいろ咲いている、和やかな畔は良いですねえ。
なおさん
2020年06月20日 07:44
 はるるさん、コメントありがとうございます。ピンクの可憐なユウゲショウの群れ咲くさまが見事です。
 水面のきらきらは、田んぼに水を入れる口近くで流れ込んでいる水のさまですね。
なおさん
2020年06月20日 07:50
 うふふさん、コメントありがとうございます。確かに田んぼの肥料を吸収しているのかも知れませんね。畔に咲く草も可愛らしいものがいろいろありますね。

 ヒメジョオンも増えすぎて困る草ですが、抜いたものは草木染に利用出来ますね。僕も昭和記念公園の講習会でシルクのハンカチ染めをしましたが、やさしい黄色になりました。
S子
2020年06月20日 19:22
何時も教えて戴くばかりの博学のなおさん。
今回も、有難うございました。私の原風景というべきでした。
今考えると、私の知っている草花の全てが外来種かもと思えてきました。
これからもいろいろ教えてくださいね。
昔、富士山の宝永山の火口を覗いた事がありますが、その噴火以来、
山容はすこしも変わっていないのですよね。
たかが300年と言えばそれまでですが。いつ噴火しても可笑しく
ないのだそうですね。又いろいろ教えてくださいね。
ミキ
2020年06月21日 00:06
 やっぱりユウゲショウでしたね。
群れ咲く姿は素晴らしいです。
小さい花だけれど田んぼの水面に映えますね。
ヒメイワダレソウも違った雰囲気でまたいいです。
もちろんヒメジョオンはもっといいですねぇ。👏👏(^^♪
なおさん
2020年06月21日 07:18
 S子さん、度々のコメントオソレいります。僕の場合は、痴性と狂養はしっかりと身ついていますし、薄学も十分ですので、広く浅くという学問です。

 富士山も休火山ですので、今度大規模噴火、爆発で火山灰が大量に降り注ぐこととなったら、関東一円はエライことになるでしょうねえ。
なおさん
2020年06月21日 09:39
 ミキさん、コメントありがとうございます。ユウゲショウの群れ咲くさまは良いですよねえ。いずれも園芸種、帰化植物ですが、良いものですね。