山形 秋の小国にて 11 黒沢峠 敷石道

DSCF2259.JPG

DSCF2202.JPG

DSCF2210.JPG

DSCF2224.JPG

DSCF2222.JPG

DSCF2232.JPG

DSCF2235.JPG

DSCF2230.JPG

DSCF2242.JPG

DSCF2249.JPG

DSCF2247.JPG

明治初期にかのイザベラ・バードがこの石が敷き詰められた峠を通り、「日本奥地紀行」に記したということですが、今もひっそりと苔むした敷石の道が佇んでいます。その昔、石を切り出して運び、ひとの手で並べて道普請をしたのは容易ではなかったことでしょう。

 つい、石の上を歩いてみたくなる雰囲気ですが、苔生した石はつるつる滑り、この上を歩くのは大変危険ですので、脇の土の道を歩いてゆきました。