お茶の花 炉開の花


DSCF1040.JPG

DSCF1036.JPG

 うちの庭に咲く、清楚なお茶の花のさまです。しろじろと咲くさまは風情のあるものです。

DSCF1042.JPG

DSCF1047.JPG

 お茶の花が片親の可憐な炉開の花もまだまだ咲き続いています。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 30

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

信徳
2019年10月15日 06:51
 本場、狭山茶の白い「お茶の花」と魚沼の
ユキツバキの自然交配で生まれた炉開の花ですね。
両方とも清楚で素敵な花です。
 ユキツバキは春咲き、お茶は秋咲きのはずで
自然交配などはないはずなのにお茶の花が遅れて
春に咲き自然交配になったと魚沼の民に聞いた
事があります。
イッシ-
2019年10月15日 07:27
茶の花がこんなに綺麗だなんて驚きですね。
炉開の花?信徳さんのコメントで分かりました。
絶妙な日の当たり方が見事ですね。
目黒のおじいちゃん
2019年10月15日 07:42
美しい花に魅了されます。
自然交配で誕生したとはびっくりです。
長さん
2019年10月15日 11:19
ロビラキはユキツバキとチャノキの自然交雑種だそうですが、こうしてみると、良く似ていますよね。ロビラキの奥側の花弁が白いように見えますが・・・。
shuuter
2019年10月15日 15:39
妻もお茶をたしなみます。
庭には一年中 花が咲くようになっています。庭の花妻が管理します。樹木の剪定もやります。私 切られた枝の整理役です。


はるる
2019年10月15日 19:22
お茶の花が咲き始めましたね。
道すがら見かけました。
もうそんな季節になったのかと、思いながら眺めました。
ピンク色もあるのですか。
S子
2019年10月15日 21:45
お茶の花は、白とばかり思っていました。
ピンクの花。可愛いですね。
私は、先生が表千家から、大内千家へと変わりました。
袱紗なども当然然かわるんですが・・・
戴いた名前が、好きになれませんでした。吾がまま人間って
困りものすね。今は番茶を愛用しています。
うふふ
2019年10月15日 22:40
お茶の花が炉開の花とは洒落ていますね。
炉の上でしゅんしゅん音のする茶釜を思い出しました。
なおさん
2019年10月16日 05:33
 信徳さん、コメントありがとうございます。川越は狭山茶発祥の地ということらしいですが、ユキツバキと茶が偶然交雑した、というのが興味深いですね。魚沼の山でユキツバキを見たことがあります。
なおさん
2019年10月16日 05:35
 イッシーさん、コメントありがとうございます。葉隠れにひっそりと咲くお茶の花は、清楚で凛と咲いて好ましいですよね。
 これは14日の撮影です。
なおさん
2019年10月16日 05:40
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。人工交配でなく自然交雑だとしたら、ものすごい偶然ですよねえ。
なおさん
2019年10月16日 05:42
 長さん、コメントありがとうございます。小ぶりの花が可愛らしいですね。全部ピンクの花が咲く枝もあるのですが、これは枝変わりというのか、白い色が混じる花が出ましたねえ。
なおさん
2019年10月16日 05:47
shuutrさん、コメントありがとうございます。樹木の剪定も大事ですよねえ。うちはサボり気味で茫々に伸びてしまっていますので、葉が落ちたら強選定しないといけません。タイヘンです。
なおさん
2019年10月16日 05:49
 はるるさん、コメントありがとうございます。お茶の花はしろじろと咲いて清楚で良いですね。炉開はお茶との交配種でピンクなのですが、ピンクのお茶があるかどうかは、僕は知らないのです。
なおさん
2019年10月16日 05:51
 S子さん、コメントありがとうございます。お茶もちゃんと習うとタイヘンなのでしょうねえ。
 僕もお茶の花は白いという認識なのですが、このピンクはユキツバキの血を引いて、花びらがピンクなのです。お茶の花よりも大ぶりですね。
なおさん
2019年10月16日 05:54
 うふふさん、コメントありがとうございます。お茶の花と炉開の花があると違いを見比べられますので、面白いですね。

 分福茶釜ですとたぬきさんが化けていますので、火にかけられるとタイヘンなことになりますね。