国営武蔵丘陵森林公園にて ツルボの花

DSCF0780.JPG

DSCF0782.JPG

 いにしえの貴人が宮中に参内する際に差しかける傘をすぼめたような形から、サンダイガサ(参内傘)という別名もある、ツルボの花です。本来は明るいところに生えるものですが、此処では木の下で見たもので、かろうじて咲いているという雰囲気です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

目黒のおじいちゃん
2019年10月04日 05:16
なおさん、おはようございます。
昨日、花友さんが片道3時間かかったともうしていました。
憧れの地、遠くて広い公園なんですね。
イッシー
2019年10月04日 05:22
参内傘ですか!風情がありますね。
意外にかわいい花ですよね。
emi
2019年10月04日 06:16
おはようございます
ですツルボは小さくて可愛いお花です
林の縁などに 見つけますが
写真を撮るのが難しくて
ピンぼけ没ばかりです 修業が大夫足りません
綺麗な画像ですね
信徳
2019年10月04日 06:30
ツルボは比較的明るい草叢に生えていますよネ。
木の下に柔らかな光を求めている様は明治時代の
貴婦人を思い出します。(思い出すのではなく想像
しています)。
S子
2019年10月04日 11:49
ルツボって、優しい花なんですね。
炎の坩堝とか、市内には何とかのルツボて言うホーム
もあるんですよ。参内傘と言うには優しすぎますが・・・
やはり私は、参内傘と覚えることにします。
明るい処で、咲いているさまを想像して!!
S子
2019年10月04日 15:48
ご免なさい!
又読み違えました。(苦笑)なんでルツボなのでしょう。
”ツルボの花へコメントを書く”目の前にありながら
ルツボと読む私の目と頭、もう老耄も良い処ですよね。
自分ながらも呆れ返っています。
何卒失礼お許しくださいませ。
うふふ
2019年10月04日 20:57
サンダイガサの別名があるのですが。
皇居の白鳥濠にたくさん咲いているのを見たことがありますが、場所柄ピッタリの名前でしたね。
shuuter
2019年10月05日 08:29
ツルボ 咲きましたね。ピンクの花が可愛いです。
今年は何度もお世話になりました。好きな花の一つです。
なおさん
2019年10月05日 15:29
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。森林公園へは電車では池袋から1時間ということですが、片道3時間というのは遠くからいらっしゃったのですねえ。
なおさん
2019年10月05日 15:58
イッシーさん、コメントありがとうございます。イッシーさんの記事にあったようなツルボのように、もっとアップで撮るとより可愛らしさが伝わりますよねえ。
なおさん
2019年10月05日 16:03
 emiさん、コメントありがとうございます。この画像はAFのマクロレンズで撮っていますが、このときはバッチリピントが合いました。MFで撮った方がうまくピントが合う場合もありますね。
なおさん
2019年10月05日 16:06
 信徳さん、コメントありがとうございます。鹿鳴館時代の貴婦人ですかねえ。実際その時代の貴婦人はどんなだったか、あれこれ想像するのも面白いですね。
なおさん
2019年10月05日 16:12
 S子さん、2つもコメントありがとうございます。ツルボと坩堝(るつぼ)はちがうぞな もし、ということで面白いですよねえ。

 ツルボはやさしい風情の花で良いものですね。
なおさん
2019年10月05日 16:19
 うふふさん、コメントありがとうございます。皇居のお濠の土手などでは、明るい場所を好む草には良いところなのでしょうね。皇居で参内傘というのはふさわしいでしょうね。
なおさん
2019年10月06日 09:23
 shuuterさん、コメントありがとうございます。可愛らしいピンクの花穂は良いですよね。何度もご覧になりましたか。