俺ら津軽さいぐだ 其の九 子宝の池

2K0A3148.JPG

2K0A3149.JPG

2K0A3149.JPG

2K0A3153.JPG


 どうして子宝の池という名前になったかはよく分からないそうですが、標識の上には子宝祈願のためでしょうか、小銭が置いてありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2019年09月17日 06:15
子宝の池、~300㎡と小さな池なんですね。
12湖は火山の噴火で川が堰き止められたのではなく地震によって崩山が
崩れて水を堰き止めたようですね。
地下水なども出るのでしょうから透明度も上がり自然のブナ林も相まって
世界自然遺産に認定されたのですね。
イッシ-
2019年09月17日 07:27
たくさんさんの池があるんですね!
子宝とは縁起いいですよね。最近そういう発想ないのかな。
ここは水の色が濃そうですね。
長さん
2019年09月17日 12:08
33も池があると名前を付ける人は思いつくままいい加減に?名前を付けたりして・・・。そんな訳ないか(笑)。
水面に木が映り込んでいますが、なんか深そうですね。
S子
2019年09月17日 12:40
子宝の池。昔も今も子供は宝。
と私は思うのですが、世の中は変わったのでしょうか?
余りにも悲しいニュースが多くて・・・
私観ていられません。
きっと昔はもっとあったからこそ、こういう名前が付けられたのかもしれませんね。
pero
2019年09月17日 15:58
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
無門
2019年09月17日 18:01
こんにちは

子宝の湯は
あちこちにありますが
池は珍しいですね
shuuter
2019年09月17日 19:58
子宝に恵まれたいと思う人は
おのずと 小銭を置きたくなるのでしょうね。
うふふ
2019年09月17日 20:53
こんばんは!
子宝の池ですか。
池の雰囲気から伝説でもあるのでしょうか。
祈願した方に子宝が授かると良いですね。


なおさん
2019年09月18日 05:17
 信徳さん、コメントありがとうございます。地震による山の崩壊で出来たせき止め池があちこちにあるというのも興味深いですね。
なおさん
2019年09月18日 05:21
 イッシーさん、コメントありがとうございます。33もあると、いろいろな表情を見られますね。こどもは宝というのは今も同じでしょうが、あまり聞きませんね。
なおさん
2019年09月18日 05:25
 長さん、コメントありがとうございます。いろいろな池があり、それぞれ名の由来を調べるのも、興味深いですよね。

 十二湖はこの夏は雨が少なく、例年より水位が下がっている池が多いということでした。
なおさん
2019年09月18日 05:29
 S子さん、コメントありがとうございます。いにしえの方がこどもが幼いうちに亡くなる率が高かったことでしょう。口減らしだの間引きだのということもあったでしょう。
 いまでもこどもの虐待などというニュースは連日のようにありますね。

 昔も今もこどもは宝、というのは変わらないと思いますね。
なおさん
2019年09月18日 05:30
 peroさん、ナイスコメントありがとうございます。
なおさん
2019年09月18日 05:31
 無門さん、コメントありがとうございます。そうですねえ。子宝の湯、というのは聞きますが池というのは聞きませんよね。
なおさん
2019年09月18日 05:33
 shuuterさん、コメントありがとうございます。霊験あらたかかどうかは、信じるひと次第、ということなのでしょうが、面白いですよね。
なおさん
2019年09月18日 05:37
 うふふさん、コメントありがとうございます。どんな謂れがあるのかはよく分からないらしいですが、なにか訳がないとこの名は付きませんよねえ。