神代植物公園にて キンミズヒキの花

DSCF1576.JPG

DSCF1586.JPG

DSCF1574.JPG

 ギンミズヒキはタデの仲間ですが、キンミズヒキの方はバラの仲間です。黄色い小花が穂になって咲くさまが可愛らしいものです。実になると細かいトゲが鉤の手のようになって服にくっつく、「ひっつき虫」の1種です。ズボンの裾についた実を播いて育てたこともあり、秋には綺麗に紅葉する場合もありますので、これもまた良いものです。