神代植物公園 水生植物園にて ギボウシの花

DSCF1415.JPG

DSCF1418.JPG

DSCF1416.JPG

DSCF1430.JPG

DSCF1435.JPG

DSCF1425.JPG

DSCF1436.JPG

 9時半の開園時間と同時に水生植物園に入りまして、まず見たのはギボウシの花です。1日花ですが、続々咲き上がるのでしばらく楽しめるのは良いものです。ミソハギと仲良く咲くさまもまた美しいものです。

この記事へのコメント

目黒のおじいちゃん
2019年08月12日 06:01
美しさを競うはな、一日花とななんとも贅沢な話です。
イッシー
2019年08月12日 07:28
ミソハギとの共演もいいですね~。
開園と同時に水生植物園ですか!
もっと早く開園してほしいくらいですが、
埼玉からですと高速ですか。
emi
2019年08月12日 09:18
おはようございます
ギボウシもミソハギも 綺麗に咲いています
お盆には お墓掃除などで活躍してきた ミソハギのお花
この時期を忘れずに元気に咲いていますね
長さん
2019年08月12日 17:52
ギボウシって、地植えにすると、鉢植えより花茎が長くなるように思いますが・・・。
ミソハギもかなり咲いていきましたね。
なおさん
2019年08月12日 18:10
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。1日しか見られないのがザンネンではありますが、考えてみればすごく贅沢なハナシですよねえ。
なおさん
2019年08月12日 18:19
 イッシーさん、コメントありがとうございます。ミソハギがあるので、絵に変化が付くのが良いですね。

 僕は、個人で撮影に行くには公共交通機関しか利用できませんので、川越から行くには東武東上線で池袋に行き、山手線で新宿まで、そこから京王線でつつじヶ丘まで行き、京王バスで深大寺まで行くというのがお決まりです。2時間ちょっとかかりますが、深大寺の蕎麦屋さんで別腹?のビールをいくら飲んでも差支えない、というのは良いですよね。
なおさん
2019年08月12日 18:24
 emiさん、コメントありがとうございます。この時期に咲いてくれる花は、盆花として利用されますね。1種類だけでなく、隣あって咲くとより美しく見えて良いですね。
なおさん
2019年08月12日 18:32
長さん、コメントありがとうございます。
 
やはり、鉢植えでは根の伸びるスペースが限られるために、全体としての姿がこじんまりとしますね。野山や庭ではその制約がない場合はのびのび育ち、そのぶん丈も伸びるのでしょう。昭和記念公園の盆栽苑では、それを利用したギボウシの根洗い草もの盆栽もありました。

 ミソハギも盂蘭盆会には欠かせない花ですね。
shuuter
2019年08月12日 20:57
ぎぼうしさわやかな秋の花です。
何度もブログに載せ 皆さまに見てもらいました。
ミソハギ 盆花です。お盆に活躍いたしますね。
無門
2019年08月12日 22:04
こんにちは

ミソハギの花は少しぐれると
ぽろぽろ散ってしまいますが
その儚さが盆花としての
魅力でしょうか
ミキ
2019年08月12日 23:57
 こんばんは。
ミソハギがお盆に丁度良く咲いていますね。
先日花屋さんで見かけて、買ってきましたが、
花がぽろぽろこぼれて大変でした。
やはり野に咲いてこそ美しいのですね。(^^♪
なおさん
2019年08月13日 05:09
 shuuterさんコメントありがとうございます。ギボウシは爽やかな薄紫の色が涼しげですよね。

ミソハギは今日の記事で取り上げました。
なおさん
2019年08月13日 05:13
 無門さん、コメントありがとうございます。ミソハギの花ははらはら散りやすいですよね。水に浮かんだ花びらのさまも良いですね。
なおさん
2019年08月13日 05:17
 ミキさん、コメントありがとうございます。花屋さんでも季節になると売っているところがあるのは良いですね。挿し芽も容易ですので、切り花でも利用出来ますね。
 折角買ったものですから、花がはらはら散ると、ハラハラしますよねえ。
pero
2019年08月13日 15:36
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
なおさん
2019年08月14日 04:45
peroさん、ナイスコメントありがとうございます。