神代植物公園にて ヨウシュヤマゴボウの実

DSCF1821.JPG

DSCF1825.JPG

DSCF1827.JPG

 植物多様性センターで見た、ヨウシュヤマゴボウの実のさまです。紅の色が鮮やかでしたのでついつい撮ってしまいました。紫でブドウのような実は、なかなか美味しそうで何も知らないこどもは、口に入れたくなるものでしょうが、これはかなりの毒ですので食べるとタイヘンなことになりますのでご用心です。

 インクベリーと呼ばれて、汁で紙などに字や絵をかくのも楽しいでしょうが、服につくとシミになるのでこれもご用心です。

 また、秋が深まると見事に葉が紅葉するので、それも見どころのひとつです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

目黒のおじいちゃん
2019年09月05日 06:24
なおさん、
色鮮やかで眼をひきますね。
昨日散歩道でみました。
漬物にする材料と間違いそうですね。
信徳
2019年09月05日 06:31
搾れば美味しいワインでも出来そうな色です。
「洋種山牛蒡」と名前が付けられた頃は誤飲してしまった
人もいたのでしょうね。
タマゴダケ、テングダケ、似た者同士で美味しいもの
怖いものが有るものです。
emi
2019年09月05日 06:45
ヨウシュヤマゴボウの色は本当に綺麗ですね
茎のピンク色も実の紫も良い色です
汁で字や絵を 書いてみたいです
イッシ-
2019年09月05日 07:16
これはまた色鮮やかですね~!
これだけきれいなのはめったになさそうです。
ここまで行く前の小さな花もかわいいですよね。
pero
2019年09月05日 15:30
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
はるる
2019年09月05日 18:43
ヨウシュヤマゴボウ、この色からして目立ちますね。
見かけるとカメラを向けたくなります。
絵具の代わりになるのですね。そして毒なんですね。
なおさん
2019年09月05日 19:39
目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。お散歩するところでもご覧になれましたか。

 山のお土産やさんで売っているモリアザミなどの山ごぼうと同じように食べられると勘違いするとタイヘンなことになりますよねえ。ヤマゴボウという名も善し悪しですね。
なおさん
2019年09月05日 19:44
 信徳さん、コメントありがとうございます。ヤマゴボウはアザミの根と理解しているひとには、裏をかいて誤食もあり勝ちなのでしょうねえ。

 タマゴタケは美味しいものですが、知らないと如何にも毒がありそうに見えますよねえ。
なおさん
2019年09月05日 19:51
 emiさん、コメントありがとうございます。色が鮮やかでしたので、ついつい撮ってしまいました。

 有毒なものですが、食べることをしなければ大丈夫ですのでいろいろ描いてみるのも楽しそうですね。
なおさん
2019年09月05日 19:54
 イッシーさん、コメントありがとうございます。別に此処でなくても見られる、と思うと見向きもしないのかもしれませんが、あまりに紅が鮮やかでしたので、ついつい撮ってしまいました。紅葉する頃も楽しみですね。
うふふ
2019年09月05日 20:52
この植物がどうしてヤマゴボウなのかな?といつも思います。
子供の頃、色水を作って遊びましたよ。
青臭いのが嫌で、いつもすぐにやめましたけれど・・・。
有毒だったのですね。
そう言われてみれば、ヨウシュヤマゴボウとダリアは親から注意されたのを思い出しました。
shuuter
2019年09月05日 22:27
ヨウシュウヤマゴボウ 全草 有毒とのこと 怖がりですのでちかよりません。
もちろん写真をとったこもありません。
なおさん
2019年09月06日 04:48
peroさん、ナイスコメントありがとうございます。
なおさん
2019年09月06日 04:50
 はるるさん、コメントありがとうございます。実の軸のさまも艶やかですし、これから秋が深まると紅葉も鮮やかで楽しめますね。
なおさん
2019年09月06日 04:53
 うふふさん、コメントありがとうございます。ヤマゴボウ??とピンとこない名前ですよねえ。
 色水あそびをしましたか。青臭くなるとは、やってみないと分かりませんね。こどもに毒なものを教える、というのも大事なことですね。
なおさん
2019年09月06日 04:58
 shuuterさん、コメントありがとうございます。

狂言の附子(毒=ぶす)では「吹く風に当たってさえ滅却するほどの大の毒」と、トリカブトをまるで毒ガスのように言っていますが、ヨウシュヤマゴボウもトリカブトも、見る分には何の心配もいりませんね。
 写真に撮っただけで毒にあたる、という呪いの植物、というのがあったらスゴイですよねえ。