国営武蔵丘陵森林公園にて ヒルガオの花

IMG_0896.jpg

IMG_0870.jpg

「高円の野辺の容花面影に見えつつ妹は忘れかねつも」(万葉集 巻8 1630)

 万葉のいにしえには、かほばなと呼ばれて歌に詠まれ、愛でられてきたヒルガオの花です。美しい花にいとしいひとの面影を見たものでしょう。

 こどもの頃は、雨降り朝顔と呼んで、この花を摘むと雨になる、といったものです。