国営武蔵丘陵森林公園にて カニクサのさま

DSCF1093.JPG

DSCF1094.JPG

 蔓になるシダ植物のカニクサのさまです。こどもがカニやザリガニを釣る遊びで使うもので、この名がついたものです。蔓の根元から先端まで実は1枚の葉だというのも面白いものです。

この記事へのコメント

イッシー
2019年08月10日 07:41
そうなんですか!
ザリガニ釣り楽しいですよね。
子供のころ糸でやったかな(笑)
すみれ
2019年08月10日 08:22
 観察会で「葉の定義は・・・・・、だからカニクサは1枚の葉。」などと説明されても、目がくりくりしますよね。そういう事を丁寧に説明して下さる師匠は貴重なのに、落ちこぼれの生徒はよそ見ばかり。

 ~~綺麗な花を見たい~~

 うちではカニクサが私に挑戦して来ました。お茶の根っこから出て来て「見なさい。」って言いたそう。
emi
2019年08月10日 09:58
おはようございます
カニクサ 初めて知りました
見たことは有るのかもしれませんが
知らないものは 見えない なので
また 学ばせていただきました
この蔦で ザリガニを釣ったのですね
長さん
2019年08月10日 12:02
カニクサ、名前だけは知っていましたが、こんな草ですか。
ザリガニ釣りと言えば裂いたスルメでした。渋谷区に住んでいたのですが、友達と中野区まで遠征したことがありますよ。
無門
2019年08月10日 14:51
こんにちは

ザリガニ釣りで
一番連れたのは
トノサマガエルの
皮をはいだものでした
pero
2019年08月10日 16:32
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
うふふ
2019年08月10日 21:51
えっ、そうなんですか。
どう見ても一枚の葉には見えませんね。
なおさん
2019年08月11日 22:17
 イッシーさん、コメントありがとうございます。ザリガニ釣りはやっても、カニ釣りはなかなかしないような気がしますね。
なおさん
2019年08月11日 22:27
 すみれさん、コメントありがとうございます。ひとそれぞれ興味の対象はさまざまですので、説明の最中でも他のものが気になることはありますねえ。でも、せっかく話を聞いているのに、無視してばかりでは失礼ですので、いちおう聞いています、というそぶり??は見せませんとねえ。
 うちでも何か所かでカニクサが茂っています。
なおさん
2019年08月11日 22:31
 長さん、コメントありがとうございます。地味なものですのでなかなか注目もしないものですよね。スルメやら裂きイカというのが定番ですかねえ。
 渋谷から中野まで遠征してザリガニ釣りというのも良い思い出ですね。
なおさん
2019年08月11日 22:38
 無門さん、コメントありがとうございます。トノサマガエルの皮を剥ぐのもなかなかタイヘンそうですが、スゴイですねえ。
なおさん
2019年08月11日 22:42
 emiさん、コメントありがとうございます。なかなか花が咲かない地味なものは注目されませんよね。
 見ているようでも見ていないものはいろいろあるものですね。
なおさん
2019年08月11日 22:43
 peroさん、ナイスコメントありがとうございます。
なおさん
2019年08月11日 22:44
 うふふさん、コメントありがとうございます。ウラジロなどもそうらしいですが、なかなか1枚の葉には見えませんよねえ。