国営武蔵丘陵森林公園にて オオバギボウシの花

DSCF0929.JPG

DSCF0941.JPG

DSCF0944.JPG

DSCF0945.JPG

DSCF1113.JPG

DSCF1114.JPG

 すらりと長く伸びて咲くさまが趣のある、オオバギボウシの花です。野草コースなどあちこちで見られるものです。若い芽はウルイと呼ばれて茹でておひたしなどにするものですが、クセがなく美味しい山菜です。もっとも公園では採れませんので、もっぱら見るだけです。

 アップの画像は初代タムロン90mmマクロF2.5で撮ったもので、フルサイズ換算135mm相当のマクロとなります。下のロングの画像は、ひさびさ登場のタムロン180mmマクロF3.5で撮ったもので、フルサイズ換算270mm相当のマクロレンズとなります。
 いずれもニコンマウントのものを、マウントアダプターを付けてX-H1で撮ったもので、ボディ内手振れ補正が効きますので全部手持ちでの撮影です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

信徳
2019年07月25日 05:10
ソバナの青紫と言いオオバギボウシの白と言い
咲き出したばかりはとても綺麗な色ですね。
オオバギボウシは葉も綺麗なので花のない時も
素適です。
emi
2019年07月25日 06:51
おはようございます
こちらの 野原には コバノギボウシが
沢山 自生していますが オオバギボウシは
花つきが沢山で見ごたえありますね
葉も綺麗で夏の庭の彩りにもってこいです
緑の中から浮かび上がるような画像が美しいです
イッシー
2019年07月25日 07:46
薄暗い林内のイメージが良く出ていますね。
それだけの望遠になると手持ちではきつそうですね。
初代タムロン、かなりの年月が経っているのでしょうが、
いい描写ですね。
目黒のおじいちゃん
2019年07月25日 08:33
なおさん、
早くも咲き出したようですね
若葉を山菜にする地方があるそうです。
甘いのでしょうか。アブラムシも好みのようです。
わけい
2019年07月25日 08:59
おはようございます。
昨日書き込めなかった原因がわかった(つもりな)ので、ホームページアドレスは空欄にしておきます。
私はギボウシが好きなので、庭にも色々は品種を植えています。
それらは交配種だと思うのですが、このオオバギボウシは原種っぽいですね。
原種の素朴さが伝わってきます。
写真は、中心となる被写体以外のボケが素晴らしいと思います。
一番下の写真は、右上のおそらく手前のギボウシの花が白い水玉模様のようになっていて、写真でしかお目にかかれない風景でとても素晴らしいと感じました。
(例にあげたのが一番下だけですが、他のも素敵な写真です。)
長さん
2019年07月25日 11:36
2つのレンズともボケ味が良いですね。いずれも主題がくっきり写っているのでボケが効果を発揮しています。
shuuter
2019年07月25日 21:03
オオバギボウシ 清楚な白色が素敵です。
若い芽 山菜としておいしいのですか、ためしてみたいですが、その時期に山で見つけるのは難しいです。

雰囲気のある写真 素敵です。
うふふ
2019年07月25日 21:18
オオバギボウシの若芽がウルイでしたか。
知らずにいました。
雰囲気のある美しいお写真~素敵です♪

としさん
2019年07月25日 22:03
オオバギボウシが、よく撮れていますね。
若い芽は、茹でると食べられるんですか。
食べられる草花が、けっこうあるんですね。
(トップページが、涼し気で、全体的に色合いが素敵ですね)
無門
2019年07月26日 09:39
こんにちは

ギボウシ
天使のような爽やかさ
真夏の清涼剤ですね

アドレス入れると
コメントがはじかれる
今度はどうかな
なおさん
2019年07月27日 12:34
 信徳さん、コメントありがとうございます。清楚な雰囲気のオオバギボウシの花も良いですよね。ギボウシの類はホスタと呼ばれ、ガーデニングでも人気ですね。
なおさん
2019年07月27日 12:41
 emiさん、コメントありがとうございます。そちらではコバギボウシが生えていますか。コバギボウシも良い花ですよね。ギボウシの類は斑入りのものもいろいろで、お庭でも人気の花ですね。
なおさん
2019年07月27日 12:49
 イッシーさん、コメントありがとうございます。今のデジカメは高感度にもかなり強いので、良いですね。かなり手持ちでも撮れますね。

 タムロンの初代90mmもまだまだ最前線の現役でバリバリいけますねえ。
なおさん
2019年07月27日 12:52
目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。葉の軸をヤマガンピョウなどとして利用するところもあるそうですね。
なおさん
2019年07月27日 13:00
 わけいさん、コメントありがとうございます。ホームオページアドレスは空欄でお願いします。なぜかは?ですね。

 ギボウシお好きですか。いろいろなものがあり、楽しめますね。オオバギボウシは原種ですが、それなりの魅力がありますね。

 ボケを活かして撮るのもいろいろ楽しいものですね。
なおさん
2019年07月27日 17:17
 長さん、コメントありがとうございます。タムロンのマクロレンズはボケが美しいので人気ですね。無論、タムロンと言われるゆえんです。タムキューなどと呼ばれて、90mmマクロと言ったらタムロンが有名ですね。
なおさん
2019年07月27日 17:21
 shuuterさん、コメントありがとうございます。普通のひとは花の時期にしか関心を示さないので、山菜として利用できる芽が萌え出る頃の様子は知らないことが多いでしょう。
 見慣れて覚えるしかないですよね。
なおさん
2019年07月27日 17:24
 うふふさん、コメントありがとうございます。ウルイというのは方言ですので、知らない地域のひとも多いことでしょう。

 大ボケも写真では好まれるのは、ありがたいことですね。
なおさん
2019年07月27日 17:35
 としさん、コメントありがとうございます。食べられる山野草はかなりありますが、なかなかシロウトにはわかりませんよね。

 やはり、夏は涼しげな雰囲気のものが良いですよね。
なおさん
2019年07月27日 17:37
 無門さん、コメントありがとうございます。ギボウシの花も1日花ですが、続々咲くので良いですね。

 私の不徳の致すところ?でホームページアドレスを入れるとエラーになるようで、オソレいります。