信州桜紀行 弘法山古墳の桜など

 松本市の市街地からもほど近い、弘法山古墳にも寄りました。此処は3世紀末から4世紀初め頃の前方後円墳ということで、今は古墳全体が桜で覆われた桜山となっていて、ちょうど桜まつりの時期となり、市民の憩いの花見山として親しまれているようで、多くの花見客でにぎわっていました。

画像


画像


画像


画像


 古墳の上まで登ると、満開の桜越しに雪の北アルプスが眺められるのがまた良い感じです。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像

この記事へのコメント

2019年05月07日 07:17
桜の色も色々ですし絶景ですね~!!
天気がよくて何よりでした。行った甲斐がありましたね。
2019年05月07日 10:27
松本市の前方後円墳ですか。3~4世紀というと古墳としては、かなり初期のものですね。松本市にも、その時代に有力な豪族がいたという事ですね。
当時の日本の勢力図がどうだったのか興味がありますね。
我が家の近くに藤ノ木古墳というのがありますが、6~7世紀のもので、発見されて有名になるまでは、ただの小高い草叢でした。そちらの古墳は桜満開で美しいですね。
2019年05月07日 14:05
青空を背景に……ピンクの桜が
綺麗ですねぇ~~~✨✨
バックに連なってるアルプスの
雪化粧が桜をより可愛く見せてる感じです
花見客で賑わってる弘法山古墳なんですね
2019年05月07日 14:12
アルプスの峰々を背景に咲く弘法山古墳の桜、ボリュームもあり見事ですね。
安曇野辺りは桜など花も多い所で私も大好きなエリアです。
2019年05月07日 14:34
信州の桜の名所巡りもいよいよ佳境に入ってきましたね。
どれも素晴らし写真です。ウォーキング中の写真とはスケールが違いすぎる(笑)。
2019年05月07日 15:16
きれいですねぇ~♪
雪と桜が一緒に見られるなんて素敵です。
なかなか見ることのできない風景ですので、画面を上下させて何度も拝見しています。
2019年05月07日 16:58
青空に桜 バックは雪山 春は桜がよろしいです。
桜の時期の信州 素敵です。

わたくし共 信州に出かけるとなると二人ともリンゴが好みで秋になってしまいます。
S子
2019年05月07日 17:21
青空と雪のアルプス、満開の桜。萌え染めた山のさ緑。ばっちりの撮影日和。すばらしいですね。なかなか狙って出かけても、あての外れることが多いのですが、このごろのなおさんラッキーですね。
私も、長野にはお隣という事もあって毎年何度も出かけたのですが、天候に恵まれることっで多かったような気がしています。長野って、皆さん、天候までが優しいのかも?
お写真どれも、美しくすばらしいですね。
無門
2019年05月07日 22:10
こんにちは

桜の木の下には
という小説がありましたね
古墳の上には
桜が良く似合いますね
なおさん
2019年05月08日 05:12
 イッシーさん、コメントありがとうございます。良いお天気で北アルプスまで見えたのは信州でも行った甲斐??がありましたねえ。そのぶんひとも多く来ていました。
なおさん
2019年05月08日 05:15
 としさん、コメントありがとうございます。此処のは地方豪族の墳墓か?とされているようすが、早いうちから古墳が出来るほどひらけた地だったのですね。
 奈良の方は古墳の本場でしょうが、お近くにもあるというのは良いですね。古代の浪漫を感じますね。
なおさん
2019年05月08日 05:17
 ♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。此処は今は市街地にも近く、市民のお花見スポットとして親しまれているところのようです。お花見と雪山が同時に見られるというのは贅沢ですよねえ。
なおさん
2019年05月08日 05:22
 ミニミニ放送局さん、コメントありがとうございます。わが埼玉にも、行田のさきたま古墳公園の上の桜は有名ですよねえ。でも、残念ながらまだ行ったことがないのです。
なおさん
2019年05月08日 05:25
 長さん、コメントありがとうございます。松本のひとは近くにこんな見事なお花見スポットがあり、裏山しい??ですよねえ。賑わうのもなるほど、という見事な桜山でした。
なおさん
2019年05月08日 05:27
 うふふさん、コメントありがとうございます。満開の桜と雪山というのは、埼玉とか東京に居ますとなかなか見る機会がないですよね。
 長野のひとにはおなじみなのでしょうが、良いですよね。
なおさん
2019年05月08日 05:31
 shuuterさん、コメントありがとうございます。信州は四季それぞれに楽しいところですよねえ。今回は桜を堪能しました。リンゴの季節もまた良いですね。
なおさん
2019年05月08日 05:33
 S子さん、コメントありがとうございます。偶然に快晴、満開の桜というのが重なりました。年より桜の時期はズレますし、来年行っても同じようにはならないでしょうから、運が良かったとしか言いようがないですよね。
なおさん
2019年05月08日 05:40
 無門さん、コメントありがとうございます。桜の樹の下には屍体が埋まつてゐる、という梶井基次郎の短編がありますよねえ。長野の桜の下には多くお堂やお墓があり、やはり魂鎮めには桜は欠かせないものだったのでしょうね。