奥州花紀行 八津・鎌足かたくり群生の郷の花など 2

 カタクリ以外の花もいろいろ咲いていました。繊細な空色のミチノクエンゴサクはなよなよとした雰囲気です。

画像


画像



画像


 清楚なキクザキイチゲもエンゴサク同様に春のひとときだけの花です。

画像


画像


画像


画像


 透き通るようなミヤマキケマンも繊細な花です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 43

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年05月18日 07:18
山野草が素敵ですね~
黄色いミヤマキケマンが神々しいですね!
2019年05月18日 07:19
こんにちは

自然が守られてこその
花園ですね
優し花たちが嬉しい
2019年05月18日 08:46
カタクリが
咲くようなところでは その他いろいろな山野草が咲くのですね。キクザキイチゲもみれましたか素晴らしいところですね。
2019年05月18日 10:35
春の妖精たちにに魅了されますね。
エンゴサクはミチノクでしょうか。
2019年05月18日 10:44
エンゴサクの仲間は種類が多いですね。エゾエンゴサクの学名は変種扱いではないので、地域品種とでも言いましょうか。
ミヤマキケマンは山中湖花の都公園でみました。キケマンより葉が繊細ですね。
2019年05月18日 14:35
珍しい山野草を色々と
見せて頂きまして
ありがとうございました♪.+゚♬✿
可愛いお花達に癒されました💕
2019年05月18日 19:17
一面カタクリもすごいですが、山野草の可憐な花も楽しませてくれますね。ひとつひとつ夢中にさせてくれます。
2019年05月18日 22:13
山野草は静かな雰囲気のものが多いですね。
見る人をホッとさせる魅力を持っているような気がします。
なおさん
2019年05月19日 10:23
 イッシーさん、コメントありがとうございます。此処はカタクリが目玉ですが、それ以外にもいろいろ見られるのは嬉しいですね。ミヤマキケマンは奥武蔵あたりでも見られますが、やはり遠くのところのは良いですね。
なおさん
2019年05月19日 10:43
 無門さん、コメントありがとうございます。これだけの花園を維持管理するのも大変なことでしょう。
 いつまでもこうして見られると良いですよね。
なおさん
2019年05月19日 10:46
 shuuterさん、コメントありがとうございます。カタクリと同じような環境を好み、生育サイクルも似たような花には良い環境なのでしょうね。あれこれ見られるのは嬉しいですね。
なおさん
2019年05月19日 10:51
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。エゾエンゴサクの大群生には負けますが、ミチノクエンゴサクもどっこい生きているんだぞ、と咲いているのがいじらしいですよねえ。
なおさん
2019年05月19日 10:54
 長さん、コメントありがとうございます。埼玉あたりではジロボウとヤマの2種しか見られませんが、遠くに行くとまた違うものが見られるのが楽しく嬉しいですね。

 キケマンはたくましい、という雰囲気ですが、ミヤマキケマンは葉の切れ込みも繊細で良いですよね。
なおさん 
2019年05月19日 10:57
 ♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。普段は見ることが出来ないものをいろいろ見ることが出来る、というのが旅の楽しみですよね。
なおさん
2019年05月19日 11:00
 はるるさん、コメントありがとうございます。贅沢な欲ですが、綺麗なものでもあまり沢山見ると感覚がマヒしがちで、他のものも見たいと思ってしまいがちですよね。
 ひといろでなく、いろいろなものが見られるというのはありがたいですね。
なおさん
2019年05月19日 11:04
 うふふさん、コメントありがとうございます。山野草の魅力は、つつましやかな美で、これでもかという押しつけがましさが微塵もなく、じんわりとこころの奥に響いてくるようなさりげなさが良いのですよね。