そのもみち葉の思ほゆらくに

画像


画像


画像




画像


画像



 「秋山をゆめ人懸くな忘れにしそのもみち葉の思ほゆらくに」(「万葉集」巻10        2184)


 画像は武蔵丘陵森林公園のカエデ見本園の紅葉の様子です。上3点は、EOS 40D+EF-S 17~85mm F4-5.6 IS USM  C-PL使用で、下2点は、EOS 40 D+EF70~200mmF2.8L C-PL使用です。


 この時期になると「紅葉(もみじ)見ナイト」ということで夜間開園もして、モミジなどをライトアップしますが、夜はずいぶん冷え込みますので、スタッフの方も大変なようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月27日 09:38
こちらでは落葉樹はもうほとんど丸坊主になりました。
そちらではまだまだきれいな紅葉が見られるんですね!
こうして皆さんにきれいな紅葉を見せていただいて、
何回も紅葉狩りが出来て嬉しいです。
ライトアップのもみじもきれいでしょうね!
2008年11月27日 10:40
こんにちは^^
うわっと大地を覆うもみじの写真って苦手なんですけど
なおさんの写真は、うわっとありながら主役も存在している。
こんな写真を撮ってみたいです。

2008年11月27日 11:31
お久しぶりです。
 紅葉・黄葉 きれいですね。
やっぱりカエデの紅葉が最高です。
見上げると重なり合った葉の間から青空が透けて、
洩れる陽を浴びて気持ち良さそうですね。
 奈良の紅葉はまだ早いのかイマイチでした、
頑張っていたのはカエデだけでそのまま枯れてしまうかも
しれませんね(^^♪
ねこ吉
2008年11月27日 20:36
なおさんさま    モミジの紅葉、見事ですね。
カメラの腕前もさすがです。
ところで、この場を借りて、お尋ねしたいことがあります。
何ヶ月も前のブログですが、メタセコイアの名前の憶え方のことです。
メタセコイアは葉が対生で、セコイアは互生です。そこでなおさんさまは、「芽 対生コイア」と憶えるとよい、と書いてありました。
さすがですね。私も植物の名前は、極力、「ゴロ合わせ」で憶えるようにしています。ほかにも何かそういう憶え方ができる植物がありましたら、教えてくださいね。
なおさん
2008年11月27日 21:32
 魔女さん、コメントありがとうございます。北海道ではもう真冬でなまらしばれるべさ、という寒さでたいへんなことと思います。ネットで紅葉狩りというのも居ながらにして見られて良いですよね。
なおさん
2008年11月27日 21:42
 あられさん、コメントありがとうございます。見上げたモミジの方は、まだ緑のモミジもずいぶんありまして、紅一色というわけにはいきませんでした。少し早かったようですね。もっと色付いていればもっと良かったのですが。レンズの17~85ミリは35ミリに換算すると、28~135ミリということですが、24~28ミリ前後で下から見上げて撮るのも面白いですよね。
なおさん
2008年11月27日 21:51
 ミキさん、コメントありがとうございます。奈良の古都の紅葉は、いにしえからの雅びをそのまま現わしているようで、ひとしおその風情が身に沁みたことでしょう。いいですねえ。僕もずいぶん奈良はご無沙汰ですので、行きたいものです。
なおさん 
2008年11月27日 21:59
 ねこ吉さん、コメントありがとうございます。メタセコイアは対生、ラクウショウは互生ですね。どちらも今紅葉して、なかなか良いものです。

 他には?ということですが、僕の場合、なまらたくらんけなおさん、と言われるほどのタワケモノでして、大歩危小歩危で祖谷になります、ということなのでなかなか他には思いつきませんね。思いついたらお知らせします。
2008年11月27日 22:21
こんばんは!
紅葉が色鮮やかですね。染まっていないのもあってそれがまたいいですね。いつも思うのですが、万葉の句ですか。意味がわかればいいのですが・・
なおさん
2008年11月27日 23:01
 あんこ姫さん、コメントありがとうございます。万葉の歌ですが、大意は「秋の山のことを決して口に出してくれるな。忘れていたその紅葉の美しさを思い出してしまうから」というような意味合いですね。
2008年11月28日 19:48
なおさん、この時期紅葉だけが見応えですね。花の名前に詳しいと思っていましたが万葉集にも通じているなんてスゴイです。見事な紅葉の数々堪能いたしました。
なおさん
2008年11月29日 08:16
 彦左さん、コメントありがとうございます。万葉集は大学のゼミで少し勉強した程度で、通じているというほどでもなく、ほんのわずか齧った程度です。ややイロハモミジは紅葉には早かったようですね。