輝く黄色のハチジョウアキノキリンソウ

画像


 鉢植えのハチジョウアキノキリンソウが咲き出してきました。八丈島の山に生えるアキノキリンソウの変種ということですが、丈が低く咲き、小さく育てると5センチ前後でも咲くようです。

 葉も普通のアキノキリンソウよりも緑が濃く、やや艶がある感じなのですが、あまり構ってやれませんでしたので、葉が汚れてやや見苦しくなってしまいました。

 鮮やかな黄色の花が幾つか咲くと、まわりまで明るくなったような感じがします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月17日 15:06
可愛い花のハチジョウアキノキリンソウですね。聞くとは又違った爽やかな感じがします。
昔、八ヶ岳の松林の中で、でアキノキリンソウを見たことがあります。すらっと背丈が伸びていた記憶ですが~~
こちらの花は草丈5センチでも咲かせるんですか?どんな花を咲かせるんでしょうね。
2007年11月17日 19:33
ハチジョウアキノキリンソウと言うのですか、
小さな可愛いお花ですね、此の時期は黄色のお花が目を引きますね、
構ってあげられなくても時期に成ると咲いてくれますね、健気なお花ですね、
2007年11月17日 20:25
この時期お花が咲くのはうらやましです。
黄色の花は確かにぱっと明るく見えますね。
アキノキリンソウのようにどんどん増えるのでしょうか?
アキノキリンソウはこちらでは増えすぎて大変だったようです。
最近は少し減ったようですけど。人間はわがままですから、動物とも植物とも上手に共生しないといけませんね。
一花
2007年11月17日 23:32
こんばんは。山野草の本の花通信欄にこれが載っていて、こちらも求めようかと思ったのですが、確かなおさんちで去年見せて戴いたようでしたね。鉢植えで日当たり管理だとかだったようで、やめました。また今年上手に開花しましたね。これも植えかえなさるのでしょうね。
こちらは八丈島の名前があって、草丈が小さく鉢植え向きなんですね。花がこんもりと咲いてこの時期黄色が鮮やかで緑が濃く暖かい色でいいですね。これも別名アワダチソウなんでしょうネ。急に寒くなって、熱帯ものを室内に取り込んだり忙しいです~。今またアマゾンリリーが開花していて外に置いていたら、夕べ下葉がだらり~となっていました。
なおさん
2007年11月18日 05:13
 S子さん、コメントありがとうございます。八ヶ岳の高山帯には、ミヤマアキノキリンソウがあるのでしょうが、このハチジョウアキノキリンソウは、その地方型ではないか?というものらしいですね。
 普通山で見かけるアキノキリンソウもなかなかいいものですよね。
なおさん
2007年11月18日 05:15
 おととさん、コメントありがとうございます。普通のアキノキリンソウは、里山の雑木林でも見かけるものですよね。
 構ってやれないといっても、毎年植え替えしないとやはりうまく育たないようですね。
なおさん
2007年11月18日 05:18
 魔女さん、コメントありがとうございます。そちらでは、もう雪のたよりということで、これから寒くて大変なことですね。
 アキノキリンソウほどは殖えないもののようですが、やはり種子を播いても、株でも殖えますね。
 アキノキリンソウがそちらでは殖えて大変ですか。黄色でなかなかいいものですよね。
なおさん
2007年11月18日 05:21
 一花さん、コメントありがとうございます。これは陽にあてて育てるものですが、普通のアキノキリンソウ同様、育て易いものです。アキノキリンソウも種子を播いて育てると丈夫で、丈低く咲くこともありますね。

 これから寒くなると、寒さを嫌うものは室内に移動するようで、手間が大変ですね。
2007年11月18日 12:47
この黄色い花、蕗の花に似てない?
でも葉っぱが全然違うね!o(*^▽^*)oあはっ♪
タカオ君に先に行ってて、って電話しちゃった。今日行くのは新所沢の駅の近くだから。
帰りはタカオ君の新車に乗せてもらうわ。
なおさん
2007年11月18日 21:39
 さよちん、コメントありがとうございます。この時期の蕗というと、ツワブキのことかなあ、という気もするのですが、どうでしょうね。

 新所沢でしたら、そうそう遠くもないですね。

この記事へのトラックバック