ほころびかけたオウレンの花

画像


 苗をいただいて、鉢植えにしてあるオウレン(黄蓮)の白い蕾がほころびかけてきました。キンポウゲ科の花で、春に花を咲かせるものですが、日溜まりの軒下においてあるので、やや暖かいのでしょうか。
 日本の山に生えるもので、根を健胃剤などにするそうで、薬草でもあります。
 うちでは可憐な白梅のようなバイカオウレンも育てていますが、こちらも花が咲くのが楽しみです。

 葉も常緑で切れ込みの様子が面白く、観葉種としても面白いものです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

デコ
2006年01月12日 00:23
 なおさん、オウレンは軒下で育っているのですね。花がとっても瑞々しいです。画像を見て想像するより、実際の花は小さいですよね。雌花のようで、実も楽しみですね。これから順順に野草が綻んできますね。
なおさん
2006年01月12日 05:11
 デコさん、コメントをありがとうございます。まだ蕾ですので、ちゃんと咲くのが楽しみです。今年は寒いので、いろいろと開花が遅れるのでは?と心配です。
2006年01月12日 21:03
これ、オウレンというのですか?まるで和菓子の作り物みたいですよね。中心部が緑色でとても綺麗で見飽きませんね。この花、まだ見た事がないですので、どんな花か楽しみです。根を薬草にするのですか?綺麗な花ですのにね。
「バイカオウレン」て梅に似たイチリンソウの花みたいなものですよね。
これから、なおさんの山野草、続々登場ですね。
なおさん
2006年01月12日 22:37
 一花さん、コメントをありがとうございます。そうですね。和菓子のような感じにも見えますね。ちゃんと咲いたら、また投稿しないといけませんね。これから暖かな春が待ち遠しいです。