季節の花だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 神代植物公園にて  オオマツヨイグサの花

<<   作成日時 : 2018/07/11 04:41   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 18

画像


画像


画像


 「なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらゐ、けなげにすつくと立つてゐたあの月見草は、よかつた。」
 
 太宰治が富士に似合うと感じた月見草は、あの白いツキミソウではなくマツヨイグサの仲間の方ですが、やはり富士に対峙するには、オオマツヨイグサの大輪の花がふさわしいものでしょう。

 朝にはしぼんでしまうものですが、そのさまもまた趣があるものです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
太宰の本は粗雑な紙質の本で学生時代に買いました。
三つ峠に入ったり、昭和29年の第1回歌舞伎座の文士劇から見たりしたものです。吉川、三島,永井、川端、志賀、坂口、司馬など有名作家がドタバタした時代。
富士山麓に行くと今でも口から出る言葉ですね。
目黒のおじいちゃん
2018/07/11 06:09
オオマツヨイグサは箱根湿性花園で一度見たことがあります。
近所で見かけるのはコマツヨイグサが多いですが、オオバナコマツヨイグサというのもあるそうですね。
長さん
2018/07/11 10:56
こんにちは

富士にはよく似合いますね
太宰だけでなく
夏の静かな夕べにぴったりだ
無門
2018/07/11 17:37
竹久夢二の『宵待ち草』も、
オオマツヨイグサの事みたいですね。
作家や芸術家の心に響く花なんでしょうか。
yasuhiko
2018/07/11 18:59
朝には咲いた花は見られないのですね。
静かな夜、きれいな花を咲かせるのは、お月さまによく合います。そして夜の富士にはもっときれいに写るでしょうね。
はるる
2018/07/11 19:14
ヾ(*'-'*)ノ こんばんは.:゚+。 ☆

まるで 月灯りの様な大ぶりの
月見草ですd(´ー`*)ね✨✨

又また 歌と結び付けて
申し訳ないのですが・・・
確か? 私が 唄った事のある曲に
あったよ❢と思って検索したら
吉村明紘の「月見草の女」でした❕
それ以外にも 童謡などで 
月見草の歌が 結構ありました♪
♪のこ♪
2018/07/11 20:05
オオマツヨイグサ 見ているともうのですが朝早くにしぼむのですね。最近は見過ごしているように思います。
しぼんでも赤くならないのですか。
shuuter
2018/07/11 22:09
 子供のころオオマツヨイグサを手折り
花瓶にさして花が開くのを眺めました。
とんがり帽子が弾けるとゆっくりと開き
はじめます。優雅な楽しみだったと、
今にして思います。香りもありましたね。
 歌ですが、竹久夢二作詞の「宵待草」を
先日習いましたが心に染み入りました。
               (^^♪
ミキ
2018/07/11 22:11
オオマツヨイグサは立派ですね。
舗道の隅で咲いているのを見かけますが、これは小さなコマツヨイグサですね。
それでも黄色い色が目立ちます。
うふふ
2018/07/11 22:33
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。昔のザラ紙の本の時代から読んで親しまれていましたか。三つ峠も富士の展望台として素晴らしいですよね。僕も何度かいきました。
なおさん
2018/07/12 05:23
 長さん、コメントありがとうございます。オオマツヨイグサはなかなか見かけませんね。東武東上線ではタチアオイなどと畑で栽培されているところがあります。
 コマツヨイグサやメマツヨイグサは割と良く見かけますね。
なおさん
2018/07/12 05:25
 無門さん、コメントありがとうございます。夕暮れを待って咲きだす灯りのような花の風情は良いですよね。
なおさん
2018/07/12 05:29
 yasuhikoさん、コメントありがとうございます。ふんわりと灯るあかりのような雰囲気の花はやはり詩心のあるひとには、見逃せないものなのでしょうね。
なおさん
2018/07/12 05:31
 はるるさん、コメントありがとうございます。お月さまの色をそのまま花に移したような風情の花ですよね。
 夜咲く花はスズメガなどが来ますね。
なおさん
2018/07/12 05:33
 ♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。月見草や待宵草という言葉のひびきが歌心になじむのでしょうね。いろいろな歌がありますか。
なおさん
2018/07/12 05:39
 shuuterさん、コメントありがとうございます。オオマツヨイグサはそうそう何処でも見られるものではないですね。夜満開になったさまは見事でしょうね。
なおさん
2018/07/12 05:41
 ミキさん、コメントありがとうございます。花瓶に活けたオオマツヨイグサの花をお部屋でご覧になったことがありますか。それは贅沢なひとときでしたね。
 待てど暮らせど来ぬひとを……と歌われましたか。良いですねえ。
なおさん
2018/07/12 05:44
 うふふさん、コメントありがとうございます。街中で見るのはコマツヨイグサが多いですね。これはこれで、こぶりで花が多く可愛らしい姿ですね。
なおさん
2018/07/12 05:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
神代植物公園にて  オオマツヨイグサの花 季節の花だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる