季節の花だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 葦原のさま

<<   作成日時 : 2018/06/02 05:56   >>

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


画像


 田園地帯の用水路に生える葦原のさまです。夏から秋にはいろいろ見どころの多い草です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 41
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは

悪しと善し
二つの名前を持ちますね
太古から人々とともに
あった植物
水辺の主役ですね
無門
2018/06/02 07:06
川を埋め尽くす葦原,同じ光景を先日野川でみました。
昔の自然を偲ぶよすが。
湿原は開発で減るばかりでしょうが、かの渡良瀬湿原は広大な葦原が広がっているのでしょうね。
目黒のおじいちゃん
2018/06/02 07:53
我が家から西へ歩くと江戸川近くの田園地帯です。やはり、農業用水路にはアシが繁茂しています。
長さん
2018/06/02 12:24
この辺りでは あまり見かけない
風景ですが・・・・・これが
葦簀に 変身するんですねぇ〜〜!
♪のこ♪
2018/06/02 14:40
葦一色って美しいですね。栽培しているみたいな感じがします。
昔、昔、ワンちゃんと散歩した荒川の土手。葦がしげって居たのですが、こんなに綺麗では有りませんでした。葛葉などや雑草が混じっていたのです。そしてヨシキリの声がにぎやかでした。でも、懐かしい風景を思い出させてくれました。
S子
2018/06/02 14:41
 無門さん、コメントありがとうございます。難波のアシは伊勢の浜荻、と言いますね。大阪は商いの街ですので、おあし(銭)を連想させるアシでも抵抗がないのでしょうが、アシは悪しに通じるというので、ヨシ(良し)というところも多いのでしょうね。
なおさん
2018/06/02 16:40
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。「豊葦原瑞穂國」と呼ばれたいにしえから低湿地にはアシが繁茂していたのでしょう。
 琵琶湖のほとりの方や渡良瀬遊水地など有名な葦原があちこちありますね。
なおさん
2018/06/02 16:42
 長さん、コメントありがとうございます。うちの方でも自転車で15分も行くと田園地帯で葦が生えるところがあります。そちらでもやはり同じような田園地帯があるのですね。
なおさん
2018/06/02 16:44
 ♪のこ♪さん、コメントありがとうございます。まだまだこれから秋にかけて伸びますので、葦簀の材として使われるようになりますね。
なおさん
2018/06/02 16:45
 S子さん、コメントありがとうございます。行々子と呼ばれるヨシキリの声も葦原の風物詩ですねえ。
 河川敷で葦原が見られるところはあちこちありますね。うちの近くでは入間川でもそんなところがあります。
なおさん
2018/06/02 16:47
これが葦なんですね。これがもっと伸びるんですか。
今度探してみようと思います。
はるる
2018/06/02 19:49
葦原 緑色がいいです。

葦はすだれに使われるのですかね。日よけには最適です。夏涼しく過ごす工夫 昔の人は考えましたね。
shuuter
2018/06/02 20:49
 はるるさん、コメントありがとうございます。昭和記念公園でも水鳥の池やこもれびの里で見ることが出来ますね。
なおさん
2018/06/03 06:46
 shuuterさん、コメントありがとうございます。葦簀に使われたものですが、その他にもいろいろ用途があったようですね。沢山あるものを有効利用するというのも知恵ですね。
なおさん
2018/06/03 06:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
葦原のさま 季節の花だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる