季節の花だより

アクセスカウンタ

zoom RSS 国営武蔵丘陵森林公園にて セイタカアワダチソウの花

<<   作成日時 : 2017/11/16 04:38   >>

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 16

画像


画像



画像


画像


画像


 あまりに繁茂する帰化植物ですので、かつてはアメリカの外圧の象徴のように言われて、目の仇にされたセイタカアワダチソウですが、他感作用によりほかの草を排除して蔓延るものです。自家中毒で自滅するものもあるようですが、まだまだあちこちで勢力を維持しています。

 ミツバチの蜜源になったり、茎はクラフトに、茎葉は草木染に利用できるものですので、刈り取ったものも工夫次第で有効利用できるものです。

 最後の1、2枚はペンタコンAV80mmF2.8というプロジェクター用レンズで撮ったもので、玉ボケが出る面白い表現が出来ます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 35
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

コメント(16件)

内 容 ニックネーム/日時
最近は大群生あまり見かけなくなりましたが、」あるところにはあるものですね。草木染めに使えるなら焼き物の釉薬に試すのも役立つかも知れません。
目黒のおじいちゃん
2017/11/16 05:18
セイタカアワダチソウがまだたくさん咲いていますね。
我が家の方ではかなり花が少なくなりました。
長さん
2017/11/16 13:38
こんにちは

セイタカアワダチソウ
今では日本の風土に
定着しだしましたね
みんな仲良く
共存してほしいもの
無門
2017/11/16 17:42
セイタカアワダチソウ 美しい黄色表現されています。
あまり増えすぎないといいのですが。
仲間のアキノキリンソウが追いやられいます。
shuuter
2017/11/16 18:19
河原などで、ススキと盛大な勢力争いをしているのはこのセイタカアワダチソウですよね。
降魔成道
2017/11/16 21:50
 あたいが子どもの頃、やがて日本の草花は、セイタカアワダチソウに負けて全滅する・・・というくらいのことを言われていたように思います。そうでもなかったな、というのは気のせいでしょうか。
Nyanta
2017/11/16 22:31
セイタカアワダチソウは昔ほど見なくなりました。
線路沿いに群生しているのを車窓から見たものでした。
ないとなると見たくなるから不思議です。
うふふ
2017/11/16 22:33
 やっぱりこんなに咲いていると
くしゃみが出そうです。
群れて咲く姿はきれいですね。
この頃市で刈りこむのでこんなに繁茂
している場所はなかなか見られません。
               (^^♪
ミキ
2017/11/17 00:01
 目黒のおじいちゃんさん、コメントありがとうございます。釉薬に混ぜる草木灰として利用できるかどうかは知らないのですが、試してみるのも面白そうですね。
なおさん
2017/11/17 05:03
 長さん、コメントありがとうございます。これは3日の様子ですが、まだまだ咲いていることでしょう。枯れてからもまた枯れ野の風情が楽しめますね。
なおさん
2017/11/17 05:04
 無門さん、コメントありがとうございます。帰化植物でも日本に定着するものがいろいろありますね。
 草も人も共存できるものは共存するのが良いのでしょうが、いろいろな問題もまたありますね。
なおさん
2017/11/17 05:07
 shuuterさん、コメントありがとうございます。やはりこの花も逆光で撮るのが輝きを表現するには良いですね。
 アキノキリンソウとは生える場所が異なり、棲み分けしていることが多いでしょうが、重なる場所では困りますね。
なおさん
2017/11/17 05:10
 降魔成道さん、コメントありがとうございます。河川敷や原っぱで勢力争いをしていることがありますね。以前はセイタカアワダチソウが優勢でしたが、ススキが押し返しているところもあり、国盗物語のようですね。
なおさん
2017/11/17 05:27
 Nyantaさん、コメントありがとうございます。
 
 セイタカアワダチソウは一時物凄い勢いでしたが、今はかなり落ち着いているところもあるようですね。
 全滅とはいかないまでも、そんな風になるかもと思えるような跋扈ぶりでした。
なおさん
2017/11/17 05:29
 うふふさん、コメントありがとうございます。こちらでは線路の法面やら野原でまだまだ生えているところがあります。確かに見られなくなると見たくなるのは人情かもしれませんね。
なおさん
2017/11/17 05:31
 ミキさん、コメントありがとうございます。セイタカアワダチソウは以前は花粉症の原因か?と誤解されたこともありますが、この花は虫媒花で花粉は飛びませんので、ヨモギやブタクサなどのような風媒花による花粉症とは無縁のものです。
 
 刈り込まれて丈低く咲いているところもありますが、それはまた美しい感じになりますね。
なおさん
2017/11/17 05:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
国営武蔵丘陵森林公園にて セイタカアワダチソウの花 季節の花だより/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる